欧州の財政緊縮政策失敗の通信簿が出たが・・・
タイなど新興国経済を見ていると、
やはり欧州経済の停滞が、貿易や観光の面で
アセアン諸国にもなお暗い影を落としているのが見て取れる。

世界経済低迷の発信源である欧州経済は
財政・金融面では凌いで来ているが、
実体経済は、なお若年層の高い失業率に象徴されるように、
いまだ十分回復の軌道に乗ったとも見えない。

欧州の経済回復には、最終消費需要の喚起が必要なはずだが、
ばらばら統合のEUは、なお統合された成長戦略を取れずにいる。
欧州が成長戦略を取れるのはいつのことだろう?

もっとも、成長戦略は欧州だけでなく、米国、日本といった
先進国の参加がなければ成り立たないだろう。
G7は、何をやっているのだろうか?

@@@@@

ところで、2010年から発火した欧州債務危機に対応する
IMFやEU当局の対応は失敗であり、状況を11年から12年にかけて
いっそう悪くしてしまった。

2011年始めに、以下のブログ・コメントの中で、
次のように書いたが、その後、その通りになってしまった。

「縮小均衡狙いで、財政収支バランスがとれたことは
古今ほとんどありません。
江戸の3大改革(享保・寛政・天保)にしても、贅沢を減らし、財布の紐をしめて、
景気はよけい悪くなり、経済的にはすべて失敗しています。

必要なのは、景気刺激、金融緩和を交えての、拡大均衡です。
EUは、この方向になお踏み切れません。日本史を勉強して欲しいものです(笑)。
どこまでEU弱小国が、そして世界経済が悪くなったら、
方向転換できるのでしょうか? 」

 「欧州の失敗:経済縮小均衡政策 2011-1-8」
  http://uccih.exblog.jp/12654908/

@@@@@

その後、EUも緊縮策だけではだめだということに気づき、
政策を若干刺激的に変えてきたが、まだ成果は小さい。
2013年になり、IMFも、「債務問題に対するオーソドックスな処方箋は
失敗だった。緊縮策の与えるダメージを過少評価した」とようやく
認めたが、国際金融の専門家が何をいまさらと言いたくなる。

d0159325_19434678.jpg

ここに、昨2012年のEU経済の‘通信簿’がある。
2013年4月22日に「ユーロスタット」から発表されたものだ。

http://epp.eurostat.ec.europa.eu/cache/ITY_PUBLIC/2-22042013-AP/EN/2-22042013-AP-EN.PDF

緊縮下なのに、期待に反し、2012年には、借入(財政赤字)を増やす国が
半分近く出てしまった。
支出削減と増税で、EU17カ国は債務の削減を図ったが、
経済が伸びず、税収が伸びないため、半分近くの国で
赤字はかえって増えてしまった。

2012年末までに外からの支援を(緊縮政策を取る条件付で)受けた
4カ国のうち、ポルトガルとスペインは、赤字が増えてしまった。
ポルトガルの財政赤字は、GDP比6.4%に、前年の4.4%から増え、
スペインのそれも、9.4%だったのが10.6%と二桁に乗ってしまった。

ギリシャは、厳しい景気落ち込みの中、赤字のカットに努めたが、
財政赤字は、減らすことができず、これまたGDP比9.5%から10%に上がった。
アイルランドだけは、GDP比13.4%あった財政赤字を7.6%に
下げることに成功した。支出削減を成功させた。

@@@@@

ユーロ圏全体17カ国では、財政赤字は、前年の3,910億ユーロ
(GDP比4.2%)から、2012年には3,530億ユーロ(同じく3.7%)に減少した。

これは、経済最強国ドイツの財政が、前年の202億ユーロの赤字から、
2012年には41億ユーロの黒字へと、243億ユーロも振れる黒字転換を
果たしたことが大きい。
ドイツを除いても、残りのユーロ圏は、3,708億ユーロの赤字から、
3,571億ユーロの赤字へと4%方、137億ユーロ分の改善を見せてはいる。
少しずつだが、EU圏の財政赤字は減りつつある。

しかし、EU17カ国の債務残高は8兆6,000億ユーロと、
前年の8兆2,250億ユーロから、さらに増えている。
財政を立て直すために外からの支援もある。
経済が伸びていないので、債務残高のGDP比は、前年の87.3%から
90.6%へと、90%台に乗せて来た。
ギリシャ(157%)、イタリア(127%)、ポルトガル(124%)、
アイルランド(118%)の4カ国は、GDP比100%以上である。

@@@@@

遅まきながら、EUが緊縮策だけではダメで、刺激策の必要性を
認識したので、ゆっくりながらEUの債務問題は底打ちしそうである。
しかし、まだそこからの統一的な成長戦略は出ていない。

欧州版、いや世界経済のあらたな“ニューディール策”が出てくるのは
いつのことだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2013-07-12 19:44 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧