タイの中途半端な総選挙の暫定結果の速報

タイの‘片ちんばな’下院総選挙が、2014年2月2日(日曜)に

予定通り行なわれた。



野党民主党は、結局ボイコットしたので、

与党タイ貢献党の信任投票のような形となった。

d0159325_23215441.jpg
(写真はいずれもバンコクポスト紙より)



全国375の選挙区のうち、民主党の地盤の中南部

28選挙区では、候補者も立てられず成立しなかったという。

全国94,000ヶ所の投票所のうち、10,300ヶ所では

投票が出来なかった。



選挙結果は未発表だが(早くとも、2月26日に予定される

1月26日に出来なかった事前投票のやり直し分の結果が

出てからとなるが、これもどうなるか不明)、非公式の分析では、

与党タクシン派のタイ貢献党の信任には、程遠い結果となったようだ。



@@@@@



結果的には、対抗馬なしの選挙だったので、

タイ貢献党が、下院500議席のうち過半数を上回る300議席以上

取ったようだ。

2011年のまともな選挙での264議席を上回ることになる。



 「2011年の開票結果に見るタイの極端な地域差 2011-7-4」

  http://uccih.exblog.jp/13975930/


d0159325_23223801.jpg


しかし、得票数を見ると、タイ貢献党も自ら認めているように、

有権者数4,800万人のうち、

,000万票未満しか得られなかったようだ(投票数は2,200万票ほど)。

有権者の5人に一人しか与党に投票しなかったことになる。



2011年の総選挙のときは、タイ貢献党は1,570万票を獲得して

いたから、いかに不戦勝の多い選挙とはいえ、前回より4割減、

600万票ほどの減少となったようだ。



@@@@@



与党に行かなかった残りの4000万票近くの

有権者の票はどこへ行ったのだろうか?



投票率は45%と、前回の73%を大きく下回った。

自ら棄権したり、投票所の妨害で、投票しなかった人が、

,300万人も増えた(前回の1,300万人から2,600万人に倍増)。

d0159325_23232300.jpg


タマサート大学のナカリン政治学教授の分析によると、

もともと1,000万人ほどは、選挙に行かない人たちだが、

今回は、デモのリーダー「人民による民主改革委員会」(PDRC)などによる

呼びかけに呼応して、選挙をボイコットした人が1,000万人以上に登ったと

見られる。

選挙ボイコットの人数が、与党へ投票した人の数を上回ったかもしれない。



@@@@@



そして、実際に投票した人でも、

無効票やNOの票を投じた人が多かった。

南部では、NOの投票率が10数%にのぼり、

無効票の率もこれに匹敵するほどだったという。



与党に投票しなかった1,200万票ほどのうち、

3割ほどはNOの投票または無効票だったとすると、

抗議票は400万票近くに行ったようだ。

d0159325_23243765.jpg


最大野党民主党は候補者を立てなかったので、

その他の少数党が、残りの800万票ほどを分け合ったのか。

少数党の中には、デモのリーダーで元民主党副代表の

ステープ氏の党も入るだろう。



@@@@@



以上、今回の中途半端な選挙の結果をまとめると、

およそ以下のようになるだろう。



有権者数 約4800万人

もともと選挙に行かない人 約1200万人

選挙をボイコット、ないしは行けなかった人 約1400万人

与党に投票した人 約1000万人

少数党に投票した人 約800万人

NOまたは無効票を投じた人 約400万人

d0159325_23235205.jpg


繰り返すが、競争のほとんどない与党の

信任投票の中で、タイ貢献党は、有権者の2割ほどの票

しか取れなかった。



理由は以下のようなものだろう。


・対立候補がほとんどなく、与党の地盤北部、東北部でも低調だった。

・反政府プロテスターのボイコット運動が比較的共感を呼んだ。

・民主主義を是として投票に行った人もNOや無効票で与党に反対した。

・タイ貢献党の政策に対する失望が、役人層や一部農民にまで広まってきた。



@@@@@



選挙の後も、コメ代金の未払いに抗議する農民たちの

幹線道路封鎖による抗議は続いている。

政府はいまだ代金の金繰りのめどがついていない。

d0159325_20523358.jpg

{追記}
このあと、選挙委員会から出た数字だと、以下のようになる。

有権者、有資格者は4300万人ほどとなる。
投票率は47%。
2050万人が投票した。


この内訳は、
有効な投票が1464万票(71%)
ノーの投票が342万票(17%)
無効投票が245万票(12%)であった。

最初の報道より、
ノーまたは無効の投票数が、あわせて600万票近くと
いっそう多かった。



[PR]
by ucci-h | 2014-02-05 23:29 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(1)
Commented by muga at 2014-02-07 17:26 x
ステープ叔父さん、腹出すぎですね。
それもそのはず、彼は議員を辞める頃には資産額が倍増してるそうで、その大部分は融資による不動産のバカ買いですか?
デモ費用に身銭を切ることはなさそうですが、政権を転覆させてオイシイところを頂き、負債を高値で売り抜く算段なのでしょうかね。人生の賭けに出てる風でもありますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧