タイを東南アジアのモデルにすべく進出強める「ファミリー・マート」
コンビニ店で「セブン・イレブン」、「ローソン」を追う
「ファミリー・マート」が、2014年、内外で出店攻勢を
強めているが、海外ではタイが、近隣諸国のモデルとして
力が注がれる。


d0159325_1154356.jpg


タイでは、セブン・イレブンを追う形だが、
タイのリーディング小売り企業「セントラル・グループ」との
提携で、ファミマは攻勢を強める。

d0159325_1155079.jpg


 「コンビニ大国タイで始まるコンビニ戦争 2013-3-4」
  http://uccih.exblog.jp/17929224/


@@@@@


ファミマは、2014年度(2015年2月期)は大幅増の900億円ほどを投じ、
内外で出店を増やす、とこちらでは伝えられている
(減益覚悟の積極的な設備投資負担となろう)。
日本国内は、1,214店増やし(+12%)、11,761店ほどに
持っていく計画だ。


海外では、合弁解消の韓国を除き、
687店増やし(+13%)、海外のファミマの店の数を
5,837店にするという。
そのうち231店舗の増設(全体の3分の一)は、タイで行なわれる予定だ。



@@@@@


タイでは、セントラル・グループと13億バーツ(40億円)を投じ、
ファミマの店を22%増やし、年度末には1,301店にする
(タイのセブンイレブンは、年度末には8,000店近くに達しよう)。
タイは、海外では昨年度末時点で、韓国、台湾、中国に次ぐ
第4位の市場だったが、韓国の抜けた今年度中に、2位の中国との差が
53店舗ほどに縮まりそうである。

d0159325_11562571.jpg


ファミマがタイに注力するのは、
タイの都市化が進んでおり、日本製造業も進出サプライヤーとして
存在し、今後ベトナム等も含めた東南アジアでの成長モデルになれるからだ。
タイに「ファミリーマート・アカデミー」を作り、アセアンでの従業員教育に
力を入れていくと、こちらでは伝えられている。

d0159325_1157815.jpg


 「東南アジアに積極進出するファミリー・マート 2012-1-23」
  http://uccih.exblog.jp/15317009/



人口1.25億人の日本には5万のコンビニがあるが、
人口6,500万人のタイのコンビニの数はなお1万店ちょっとである。
なお成長が見込める。
面倒くさがり屋のタイ人には、サドゥアック(便利)なコンビニがぴったりでもある。


@@@@@


2012年9月、ファミマは、1992年に進出以来持ってきた
「サイアム・ファミリー・マート」の株式50.3%を「CRC」
(セントラル・グループのリーテイル子会社)に譲渡し、
合弁提携に踏み切った(ファミマはなお48.2%所有)。


これにより、タイでの拡大基盤が整った状況だが、
CRCとの協働が成否の鍵を握っていそうだ。


なお、トップのセブン・イレブンでは、タイの食料品大手「CPグループ」の
稼ぎ頭「CPオール」がフランチャイズ権を握っており、
年間500~600店舗なお増やしている。

d0159325_11581028.jpg


 「食品・コンビニで伸びるCPグループ 2012-1-23」
  http://uccih.exblog.jp/15316968/


2014年3月末、ファミマは海外で最大店舗数7,925店を持っていた
韓国の合弁「BCFリテール」の持分25%を売却した。
24時間営業規制の強まる韓国から一時撤退し、
資源を他へ振り向けると伝えられている。
[PR]
by ucci-h | 2014-04-17 00:29 | アジアの流通小売業 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧