人気ブログランキング |
タイの“ロミオとジュリエット”悲恋映画「プレー・ガオ」(古傷)の印象
タイの“ロメオとジュリエット”と言われる古典的名作
「プレー・ガオ」(スカー、古傷)が37年ぶりに映画化
されたので、見てきた。

d0159325_1852431.jpg



この物語は、戦前の1936年、首都バンコクの東方の
バン・カピ(当時は運河の流れる農村地帯)を舞台に、
愛し合う農村の若者と娘の仲を切り裂いた悲恋物語である。


1977年に映画化されたときは、大きな人気を呼び、
また国際的にもロンドンの「動画博物館」により
1998年に「世界古典映画360」のひとつに選ばれている。
また、2011年には、タイの映画アーカイブから
「タイ国宝映画25」のひとつに選ばれている。

d0159325_18505762.jpg



@@@@@


今回の映画化は、37年ぶりの国宝級映画のストーリーの
リメイクだけにいろいろタイで話題を呼んだ。
前作と「比較すると?」、「いや比較できない」と騒々しい。


前作は見ていないので比較は出来ないが、
今回の映画は、きれいに撮れていた。


今回の主役の二人、クワンとリアムを演じるのが
共にベルギーとタイの混血の俳優なのであれこれ言われたり
したが、二人とも可愛らしく、いいキャラクターだった。

d0159325_18571815.jpg



@@@@@


映画は古き良きサイアムをしのぶ感じで、稲穂を
風が揺らし、運河がゆったり流れ、その中に
ゆるやかな曲が流れる。
映像が鮮明で、音楽の流れが良く、見ていて気持ちがいい。

d0159325_18552882.jpg


ストーリーは、女主人公のリアムが無理やり
バンコクの貴族の元に売られ、そこで洗練され、
いつまでも水牛に乗って待つクワンと心も離れていく
様に見える。

d0159325_18531590.jpg



再会した後に波乱万丈の展開が控えている。
ああ、これでハッピーエンドになれるかなと思うが、
やはりストーリーは悲劇的な結末で終わる。
最後はかわいそうで、目頭が熱くなる。


@@@@@


タイの昔話と言ってしまえばそれまでかも知れないが、
映像の力が、ストーリーを現実化して見せる。
印象に残るきれいな映画である。
by ucci-h | 2014-08-28 18:57 | アジアの映画・女優 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース