テニス各国選手の名前の呼び方 こぼれ話
プロ・テニスのトーナメントは、世界各国から
いろいろな名前の選手が参加するので面白い。
今も、ウインブルドンに男子だけでも128人の選手が集まっている。
ニシコリ(錦織)選手(25歳)も、最初は、ニシキオリ選手かと思った。

d0159325_23432173.jpg



「チョピンとは俺のことかとショパン言い」という
川柳があるが、これに似たことがけっこうある。
ベルギーの若手David Goffin(24歳)は、日本のヤフーの
テニス・サイトなどを見ると、「ゴフィン」と表記されている。

d0159325_233711100.jpg



まあ、外国人の名前をカタカナで表記するのは
もともと無理があるが、できるだけ実際の発音に近づけた
表記にして欲しいものだと思う。
ゴフィンなどと言われると、まるで本人には気の毒だが、
コフィン(coffin、棺おけ)を連想してしまう。
ベルギー出身なのだから、フランス語流の「ゴファン」と呼んで欲しい。


もっとも、ここタイでは、フランス風の表記は、英語の綴り読みで
発音される。タイヤの「ミシュラン」はタイでは「ミシュリン」となる。
もう、ミシュリンが耳になじんでしまった。


@@@@@


トップ4のひとり、イギリス(スコットランド)のAndy Murrayは、
日本ではマレーとマリーで書かれる(ヤフーはマレー)。
しかしここは、-rayなのだから、「マレー」で統一してやりたい。
マリーだと、Maryを想ってしまう。

d0159325_2338868.jpg



バンコクに4年前マレーの試合を見に行ったとき、あとから来た
台湾のおばさんたちが、「ムライ、ムライ」と応援していた。
Murrayを村井と呼ぶのも悪くないけどね。


@@@@@


これまたオーストラリアの若手Nick Kyrgios(20歳)も罪作りな
名前だ。父親がギリシャ系豪州人だ。
ヤフーのテニスページのように、キリギオスと、キリギリスみたいな
呼び方になってしまう。gは発音しないので、正解は「キリオス」となる。
「gを取ってしまいなさい」とも言えないし・・・。

d0159325_23391139.jpg



もっとも呼び方については、こんな例もある。
世界5位のスイスのスタン・ワウリンカStan Wawrinkaが,
最近自分のことをバブリンカじゃなくて、
ワウリンカと呼んで欲しいと言ったそうだ。
ローザンヌ出身だが、母国ではにごってバブリンカのはず。
英語読みが広がったので、ワウリンカが気に入ったのか。

d0159325_2340123.jpg



VとW(Vの重なったもの)の発音の使い分けはまちまちだ。
英語はブとウだが、ドイツ語だとフとブになる。
余談だけど、ここタイでは、V(ヴィー)の音はないから、
Vで始まる地名などもみなW(ウィー)に近い音になる。
「ウォルウォ」と聞いて判りますか?車のボルボVolvoのことです。


いろいろ挙げると長くなるので、おしまいFin
(フィンじゃなくてファンね)。
by ucci-h | 2015-07-04 23:44 | スポーツ観戦

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース