下落したタイの株式市場
バンコクの中心街エラワン廟で8月17日午後7時前に起こった
爆弾事件は、外国人を含め20人以上の死者を出したが、
翌18日には、低迷していた株式市場にもショック安をもたらした。

18日のSET指数は、2.6%下落、1400を割り、1372ポイントへと
下がった。
6月まで1500近辺をなんとか保っていたタイの株式市場も
7~8月にはいっこうに回復の気配の見えない経済に嫌気をし、
1400レベルまで下がってきていた。

d0159325_1284914.png


1400割れは2014年12月に一度あったが、株価の水準としては、
2014年3月ごろのレベルとなった。なお2014年1月の底値は
1208ポイントだった。

2015年2月の高値1616ポイントからの下げは、
半年強でマイナス15%となってきたが、本格的底入れの経済の芽は
まだ見えない感じだ。

中国の経済が底入れしたり、為替が安くなりタイの輸出が、
コモディティー価格のアップと合わせ伸びて行ったり、
国内のプロジェクト開発が目覚ましく伸び始めたりなどが
期待されるが、まだ少し時間がかかりそうに見える。

なお、為替バーツは、年初来、タイ株式の外国人の15億ドル売り越しに
見られるように、対ドルで7.7%下落、今や1ドル=35.6バーツとなっている。
対バーツで下げ続けた円も底入れたようだ。
by ucci-h | 2015-08-21 12:09 | タイの株式市場と企業

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース