前近代的なスポーツ、フットボール(サッカー)
2016年9月1日、ワールドカップ・アジア最終予選の
最初の試合で、ホームの日本が
UAEに2対1で敗れた。


フット・ボールは、世界的に人気の高い
スポーツだが、その試合は前近代的である。
総元のFIFAがヨーロッパの古い体質を
抱えてえいるからだろうと思いたくなる。


今回の試合でも日本の同点ゴールが
テレビの画面で見る限り、明らかにゴールラインの
中に入っていた。
しかし、中東カタールの審判はこれを認めなかった
(極東と中東の試合なのに中東の審判がなぜでてくるのだろう?)。


d0159325_1151405.jpg



近代スポーツは、今では、テニスも野球も
アメフトもみな、ビデオ判定、ないしはチャレンジ制度を
取り入れている。バレーボールやレスリングや相撲でさえそうだ。


フットボール(サッカー)は、点数の入りにくいゲームである。
そこで、PKだのファウルだの審判の判定の重要さは一層大きい。
なのに、前近代的に、よく全体が見えないはずの
審判の判定がそのまま通る。


後味の悪さが残りがちなのが、今のフットボールの判定のやり方である。
さらに言うなら、PKシュートアウト(PK合戦)も、テニスのタイブレークの様な
公平さに欠け、最初に蹴るチームが心理的にディスアドバンテージを持つ。


また、PKは近すぎるから、だいたいが入り、五分五分といった
バランスに欠け、失敗したものは責められがちだ。
アメフトはキックポイントを後ろに下げ、スリルを増している。


さらに、身体接触によるファウルの判定などは難しいのだから、
1点やそこらの失敗が命取りになる。
もっとゴール枠を拡大し、3~4点を争うゲームにした方が面白い。
以前、ワールドカップでゼロゼロばかりだったので、この議論が
あったが、立ち消えてしまった。


まあ、フットボールは近代的なスポーツでなく、
前近代的な審判のだましあいと思えばいいのだろうが・・。
誤審がまかり通るスポーツへの愚痴が長くなりました。
[PR]
by ucci-h | 2016-09-02 11:52 | スポーツ観戦 | Comments(0)

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧