<   2011年 09月 ( 53 )   > この月の画像一覧
ビルマの急速な改革路線は、現権力者の体制固めの一環か
先日、ビルマにおける矢継ぎ早の改革の動きを
お伝えしたが、改革がまとめてあれこれ出てくることから、
逆に、怪しいとの見方も出てくる。
 「ビルマで急速に進む改革路線は本物か芝居か 2011-8-24」
  http://uccih.exblog.jp/14411859/

改革の方向を国際社会に見せることが、
今の軍を中心とした権力者たちの地位を固めることにつながる
と見る向きもある。
1988年の学生たちへの圧制以来、ビルマには国際社会からの
経済制裁が続いており、これが国内の経済成長を難しくしている。
経済制裁が取りやめられる兆しは今のところない。
2100人の政治犯の解放などがないと、制裁は取りやめにくい。

ロンドン東洋アフリカ研究スクールのマイケル・チャーニーの
見方は厳しい。
「今起こっていることは、体制が、自分たちを正当な、まぎれもない
民主主義へ向かっていると見せようとしていることだ。
しかし、自分は、民主主義への前向きな前進だとは見ていない。
今権力を持っている連中が、自分たちの富・地位を固めるために、
長期コントロールを狙って、とっている手段に過ぎない」と見る。

彼の見方によれば、軍権力の体制固めは、2009年末より、
着々と進められてきているという。
まず、2009年末に、国有資産が、私有化の名の下にオークションに
かけられ、多くの財産、独占的権利、契約が彼らの手に渡った。
そして、そのあと2010年秋には、民主主義の体裁を整えるために、
総選挙が行なわれ、民政移管をはたした。

ちょうど、東南アジアでは、かつてインドネシアやタイで取られた
軍中心の権力への富の集中に似ている。
政治とビジネスと軍が縒りあっている状況だ。

d0159325_2247839.jpg

この改革の動きは、テイン・セイン大統領自身の考えに基づくものなのか、
タン・シュエ将軍からの依頼なのかは不明だ。

急速な改革路線を見せている最大の目的は、
ハーバード大学のウイン・ミン政治学教授によれば、
2014年のアセアン会議の議長国になることである。

アセアンの議長国になったら、国際社会から認められたことになる。
そうすれば、経済制裁の撤廃の日も近くなる。
むしろ国際的な援助を引き出せるかもしれない。
そして、翌年の総選挙も有利に持っていくことができるからだ。

ビルマは、また、この10月にIMFの代表団を招待している。
急激な通貨チャット高にアドバイスをもらうためだ。
政府は、輸出税を引き下げたり、農業ローンを約束したり、
農産物の価格保証を言明したりしているが、経済への
打撃は大きい。

経済的不満が、1988年の、そして2007年の流血に
つながったことを憶えているからだ。

ビルマ政府の意図は、他にあっても、民主化、開放、改革
路線が進められることは、変わらないよりいいことだ。
意図と違った結果が出てくるかもしれない。
人間の歴史は、思惑はずれと、やりそこないの歴史であるから。
[PR]
by ucci-h | 2011-09-01 22:47 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(3)
マッサージで血圧が下がる!?
「マッサージで血圧が下がる!」・・・
今日の「ためしてガッテン!」の実験にはびっくりした。

タイは、特に、チェンマイ、チェンラーイは、
上手なタイ・マッサージが、安価で受けられる
マッサージ天国である。
ゴルフの連続プレイも、マッサージがあればこそできる。

マッサージは疲れをほぐし、気持ちをリラックスさせるものだと
思っていたが、今日のテレビ番組のマッサージ効果には
驚いた。

まだ、科学的な証明はされていないようだが、
要するに、体表面近くの動脈をマッサージすることによって、
血管中のNO一酸化窒素の生成が促され、これが血管を広げ、
血圧を下げるようだ。

84歳でかくしゃくとゴルフをやっている人が紹介されたが、
このマッサージのおかげで、以前上が185あったのが、
今では125の正常値だという。

d0159325_2221589.jpg

そのやり方は、難しい方法ではない。
体の表面の動脈のあるところ、腕をひねるようにもんだり、
手の指を一本ずつ回しもみしたり、足と足指も同様に
回しほぐす、あと、こめかみや額の動脈の多いところを
揉み解すだけでよい。

テレビを見ながらでもひとりでできる。
ことにゴルフなどやった後は、手の指が固くなっているので、
指一本ずつを回しほぐすのは、気持ちのいいものだ。

高血圧の人が、これだけで血圧が下がるとは、
もちろん保証できないが、気持ちが良くて血管にも良い
ことならいいことだ。
これからは、ときどき手に指中心に回しほぐすことにしよう。
[PR]
by ucci-h | 2011-09-01 22:23 | アジア的な生活 | Comments(4)
再び修正されたタイのガソリン価格
タイのガソリン価格の変更について、
「柔軟に修正されるも興味深いものだ」
(改めるに遅すぎることはないの意)等と書いたら、
またの変更を記さなければならない羽目になった。

 「レギュラー・ガソリンとガソホール91の価格差が縮まりすぎた 2011-8-30」
  http://uccih.exblog.jp/14458295/
 「タイのガソリン価格が引き下げられた 2011-8-28」
  http://uccih.exblog.jp/14443057/
 「このように変わるタイの燃料価格 2011-8-16」
  http://uccih.exblog.jp/14358582/

昨日、通常レギュラー・ガソリン91とガソホール91(エタノール10%入り
レギュラー・ガソリン)の価格差が縮まり過ぎたので、60サターン(0.6バーツ)
ずつ上げ下げして、その差をリッター1.43バーツ(35.37対33.94)にまで
広げたが、これではなお差が少なすぎないかと記した。

そうしたら、案の定、インラック首相から、「少なくとも2バーツ以上やすくなくちゃ!」
との提言があり、再び改定。ガソホール91とE20には、リッター1.5バーツずつの
補助金を追加することとした。元々、E20(E85も)には、補助金リッター1.3バーツが
出ているが、これへの上乗せで、ガソホール補助金1.5バーツ、E20、2.8バーツ
となるはず。

この結果、ガソホール91の店頭価格は、1.5バーツさらに下がって、32.44バーツに。
通常のレギュラー・ガソリン91(35.37)との価格差を、2.93バーツと、
3バーツ近くまで広げた。これなら運転者のガソホールへの復帰はあるかな?
私の使っている安いE20も、これまで恩恵がなかったが、1.5バーツ安くなり、
今回の自動車用燃料の価格引下げのおこぼれに預かれた。

これと合わせて、ガソホール95(プレミアム・ガソホール)の価格引下げも
行なわれた。課徴税を2.4バーツから1.4バーツに引き下げることによって、
価格を1.07バーツ引き下げ。36.44バーツだったのが、35.37バーツと
なる。

d0159325_0104184.jpg

以上を整理すると、以下のようになる。
カッコ内は、8月の改定前の価格。いずれもリッター当り。

通常ハイオクガソリン95     39.54 (47.56) -8.02
通常レギュラーガソリン91    35.37 (41.94) -6.57
ディーゼル油           26.99 (29.99) -3.00
ガソホール95           35.37  (39.44) -4.07
ガソホール91           32.44  (35.54) -3.10 
E20(エタノール20%)     31.54  (33.04) -1.50

通常レギュラー・ガソリンとガソホール95が、同じ価格に並んだのが面白い。
あとは、レギュラーの通常ガソリンとガソホール91の価格差2.93バーツが、
ガソホール戻りを促すかだ。今度は効果ありそうな気がするが。

なお、超過税を財源とする国のオイル・ファンドの収入は、
従来月間4億6400万バーツあったのが、今後6ヶ月は月1000万バーツに
激減する。

各油種の一日需要量は、今年7月の実績で以下の通りである。

通常ハイオクガソリン95     10万リッター(旧型車中心)
通常レギュラーガソリン91   764万リッター(モーターサイ・乗用車)    
ディーゼル油          5212万リッター(ピックアップトラック中心)
ガソホール95           675万リッター(乗用車中心)
ガソホール91           512万リッター(モーターサイ・乗用車)
E20(エタノール20%)      60万リッター(新しい乗用車)
E85(エタノール85%)      1.7万リッター(これから)

ガソリンが、ガソホール含めて、束になっても2023万リッター。
ディーゼル油の5212万リッターの4割弱だ。

自動車用燃料には、あとLPGとCNGのガス燃料がある。
現在、LPGには、kgあたり12バーツ(国産)、CNGには、kgあたり6バーツほどの
補助金が出て、安い自動車用燃料となっている。
これらは、次第に市場実勢価格に鞘寄せさせていく方針だ。

ただ、LPGは、家庭用燃料にも使われているので、
現在のkg当り18.13バーツの統制価格(家庭用ボンベ15kgが
280~290バーツで買え、何ヶ月も利用できる)を、
一挙に市場価格のkg30バーツにもって行くのは難しい。
合わせ業が出てきそうだ。

タイのエネルギー価格は、まだまだ紆余曲折の道をたどりそうだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-09-01 00:11 | アジアの自動車市場 | Comments(3)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧