人気ブログランキング |
タグ:ギリシャ ( 3 ) タグの人気記事
ギリシャとイタリアの首相にテクノクラートが就任したが・・・
かつての西洋文明の発祥の地、ギリシャとイタリアが
国の債務が拡大し、市場からの調達がむずかしくなり、
欧州中央銀行、IMF、EUから支援を仰ぐことになる。

その条件として、もはや自分で責任を果たせなくなった
ギリシャのパパンドレウ首相と、ちっとも変わろうとしない
イタリアのベルルスコーニ首相に代わって、
両国ともテクノクラート、経済専門家が、
EUからトップに送り込まれた形になった。

パパンドレウ前首相は、祖父、父も首相。父アンドレアスの
社会主義的バラマキ政策が今日のギリシャの財政赤字の
元となった。

ベルルスコーニ、資本と女性をこよなく求めるこの75歳の前首相は、
首相がたびたび代わるこの国で、都合9年間首相をやり、
戦争直後のガスペリ首相の7年半を抜き、戦後最長記録をたてた。
ちなみに断トツで長かったのは、ムッソリーニ。22年もの独裁者だった。
戦犯となった東条英機などは、3年弱しか首相を務めなかった。

ギリシャの新首相になったルーカス・パパデモスは、ギリシャの中央銀行総裁、
欧州中央銀行の副総裁を歴任し、ハーバード大学の客員教授を
やっていた金融の専門家である。
イタリアの首相になったマリオ・モンティは、ミラノのボッコーニ大学の総長をやり、
欧州委員会のコミッショナーもやり、独占禁止案件などで活躍した。

d0159325_18243969.jpg
d0159325_18252693.jpg














(左がパパデモス・ギリシャ新首相、右がモンティ・イタリア新首相。ウィキペディアより)

EU、欧州中央銀行、IMFからきつい緊縮策を突きつけられ、
国民を説得することができなくなった政治家の両首相に代わり、
テクノクラート、教授が首相になったわけだが、さてうまくいくだろうか。

職業政治家でなければ、皆に嫌われがちな政治はこなせないと
言うのではない。
テクノクラート首相は、支持基盤が薄い。
選挙で選ばれたわけではないし、バックに多数党がついているわけではない。
さっそく、イタリアのベルルスコーニなどは、「自分の国に対する政治的関心を
片隅に置くつもりはない」と息巻いている。

また、学者、テクノクラートの資質と、政治家の資質は違う。
政治家に求められるリーダーシップ、やりくり、人間間の利害調整の能力などは、
テクノクラートの分析、論理の積み上げ、適正解の抽出といった
知的作業とはやや違う。

パパデモスの同僚だったハーバード大学のジェフリー・フランケル教授は、
偉大な大統領だったジョージ・ワシントンもドワイト・アイゼンハワーも
そう知的(インテレクチャル)ではなかったと言っている。

もっとも、今度のテクノクラート首相は、選挙で再選される必要もないし、
EUの後押しで(はざ間に立つかもしれないが)、思い切りメスを
ふるえる立場にはある。
というより、こういった人間にしか任せられない事態に陥ったと
言う方がいいかもしれない。
パパデモスの場合、「3ヶ月の執行期間をもう少し長くしてくれ」、
「何人かの閣僚を自分に選ばせてくれ」という要望は否決されて
しまったが・・・。

先のジェフリー・フランケルによれば、テクノクラートによる
成功例は見られるという。
1993年から1年間イタリアの首相になったイタリア中央銀行総裁だった
カルロ・チャンピは、時の欧州為替メカニズムから脱落してしまった
イタリアのインフレを抑え、再び軌道に乗せることに成功した。

ギリシャとイタリアのふたりのテクノクラート新首相。
外国では業績に対する知名度もあり、期待は高いが、
相手にするのは、それぞれの国民である。

たいへん難しい役柄だが、地球丸の一部に穴が開き
浸水している状態。
その技術を発揮して、欧州を救ってほしいものだ。
by ucci-h | 2011-12-01 18:32 | 日本・米国・欧州 | Comments(4)
ユーロ圏離脱は可能なのか?
欧州のソブリン危機が、もはや過去に戻れぬ状況にまで
来てしまったことから、ギリシャのユーロ圏離脱、さらには
ユーロ圏、EUの崩壊の話まで出はじめています。

9月17日付の英エコノミスト誌が、「ユーロ圏危機の生き残り策」
という記事を載せたことを前回紹介しましたが、
今度は、9月21日付の英フィナンシャル・タイムズ紙が
ユーロ圏の解体の可能性について触れています。
 「英エコノミスト誌:ユーロ圏危機の生き残り策 2011-9-20」
  http://uccih.exblog.jp/14596222/
和訳は、以下のJBプレスのウエッブで読めます。
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/23240

フィナンシャル・タイムズ紙も見ているように、
一口に、「それじゃあ、ユーロから離脱して、自国の通貨に
戻り、為替政策の自主権を取り戻そう!」と言っても、
そう簡単に、混乱、軋轢なしでできるものではありません。

これについては、過去に私も調べて見たことがあります。
ユーロ圏からいかに離脱できるか、です。
ギリシャの場合ですと、ユーロをたとえば以前のドラクマに
戻すことになります。

この方法としては、日を決めて、一定のレートで交換する
ことになります。
問題は、その意図が見え見えなことです。
通貨を切り下げて、輸出競争力を高め、経済を回復させようと
いうものです。

d0159325_2383553.jpg

従って、ギリシャに対する預金者や投資家は、
さらに切り下げの怖れの高いドラクマよりもユーロで
持ちたがります。
そこで、ギリシャ国内の預金や投資が海外に逃げる、
キャピタル・フライトが起こりやすくなります。
その場合、ギリシャの金融システムがきしみます。

政府は、キャピタル・フライトに対して規制をしいても、
抜け道があるでしょうし、預金封鎖のようなことをやったら、
ギリシャは今後世界の金融界から相手にされないでしょう。

ユーロ離脱のうわさが本格化してくる段階で、
キャピタル・フライトが起こるかもしれません。
それを防ぐには、こっそり内密に進め、突然やれば
いいのでしょうが、独裁国家ならまだしも、
民主主義国家では、議会で議論され承認されなければ
ならないでしょう。

もうひとつの問題は、
ユーロ建て債券が残っていることです。
これの償還にコストがかかることになるでしょう。
この債券を自国通貨ドラクマ建て債券に変えるなどと
発表したら、今後、ギリシャは高利回りでなくては、
国際的な起債ができなくなるでしょう。

さて、実際はどうなるでしょうか。

ユーロ圏離脱と言うなら、
強い経済の国から離脱しなくてはスムーズに行きません。
ドイツからです。
ドイツが離脱すると言うことは、ユーロ圏の瓦解に
つながるおそれがあります。
それはEUの崩壊かもしれません。

さて、現実の世界はどう展開していくのでしょうか。
by ucci-h | 2011-09-26 02:39 | 日本・米国・欧州 | Comments(2)
ギリシャ国民の年金が2割カットされても、ことは改善しない!?
かつて韓国やタイが、国の財政に不足をきたし、
IMF(国際通貨基金)に援助を仰がねばならなかった時、
きびしい緊縮、節約を求められた。
幸いアジアの諸国はその後成長路線に復帰できたが、
彼らの心の中には、IMFという忌まわしい使徒の影が残っている。

そして現在のギリシャ。
こちらは、韓国やタイの比ではない。
可哀想なことは、為政者たちの失政のために、
国民が緊縮生活をさらに余儀なくされていることだ。
しかも、その我慢が実らず、ムダになるおそれが大きい。

もし、あなたの年金が、一挙に20%引き下げられたら
どんな気持ちになるだろうか。
もし公務員のあなたが、給与を60%にカットされた上で、
この1年以内に新しい仕事を見つけなければクビだと言われたら、
どんな気持ちになるだろうか。

もし、この我慢が、IMFからの80億ユーロ借款と引き換えに、
国の財政再建につながるなら、我慢のし甲斐もあろうが、
ギリシャの国債は市場ではすでにほぼデフォルト状態だ。

年初から見てきたように、財政再建のための緊縮政策は
プラスにならない。かえって、経済を沈滞させ、深みにはまり込む
だけだ。今、実際そうなってきている。
 「欧州の失敗1.経済縮小均衡政策 2011-1-8」
  http://uccih.exblog.jp/12654908/

IMFの新任の専務理事クリスティーヌ・ラガルドさえ、
今までのIMFの伝統的な緊縮押し付けから離れ、
経済拡張政策を支持し始めているが、ユーロ圏の政治家たちの
耳には入らないようだ。
といって、ユーロ圏をあげての思い切った救済策に出ず、
財政赤字国のがんばりにかけている。

d0159325_1142215.jpg

欧州のソブリン(国債)リスク問題は、過去2年間火種の小さいうちに
適切な手を打たなかったために、すでに元へ戻れない状態と
なってしまった。
2008年のリーマン・ショックは米国銀行中心に、世界の
金融危機を招き、それから十分回復していないというのに、
今回のユーロのソブリン信用危機は、ことによると、
欧州の銀行を巻き込む世界的な信用危機になりそうである。

かつてアメリカの財務長官であり、現在はハーバード大学教授
であるローレンス・サマーズは、欧州の失敗を嘆いて、ふたりの
人間の言葉を引用して、現状を描写している。

ひとりは、かつてアメリカのベトナム戦争の泥沼入りを告発した
ダニエル・エルズバーグの言葉である。

「政治家は、幻想をもつことなく行動した。各局面において、
当面の破局を避けるために、必要最小限のことを行なった。
楽観的な期待感を持って、決定的な策はとらなかった」

「しかし、思いもよらぬところに来てしまい、と言って
来た道を戻ることもできず、かといって、遅まきながら何とか
突破口を開く政治的意志も持ち合わせなかった。
結局、長年苦しんだ挙句、彼らの政策は失敗に帰した
のである」

現在の欧州の政治家の行動に当てはまりそうだ。

もうひとつは、ウインストン・チャーチルの言葉である。

「先見性の欠如、行動が容易で効果的な時に、
行動したがらない習慣、明白な考え方を持てないこと、
危機が来るまで、頭の中がまとまらないこと、
ダメだと分かるまで自分の考えに固執していること
・・・これらが歴史を作る人間の特質である」

いつの時代、どこでも、リーダーに豊かな資質がないと、
しわ寄せが降りかかるのは、そこのメンバー、国民である。
by ucci-h | 2011-09-26 01:15 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
I wrote her ..
by buy generic viagra at 19:11
https://clck..
by ArabekWef at 12:30
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
影武者の話。 タイ語で..
by takeshi_kanazaw at 10:09
文字を文法的に(構造的に..
by ucci-h at 20:35
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース