タグ:タイの看護師 ( 1 ) タグの人気記事
タイの看護師不足問題
2015年アセアン市場統合によって、域内の人の流れが盛んになると、
タイの看護師不足がいっそう深刻になることが今から心配されている。
タイから、条件のいいシンガポールなどへ、いっそうの看護師流出の
心配だ。

現在でも、タイにおいては看護師不足、看護師の待遇の悪さが問題に
なっている(もっとも、高齢化社会、どこの国でも看護師の仕事は
大変になってきているが)。

タイの場合は、国民皆医療制度(俗に言われる30バーツ医療)があり、
公立の病院は、いつも混んでいる。

d0159325_16263067.jpg

(タイの看護師のデモ バンコク・ポスト紙より)

4年教育を経て、毎年5~6千人の新看護師を輩出するタイにおいて、
看護師の数は、おそらく10万人を超えるだろうが、うち多くが
公立の病院で、非正規スタッフとして働いている。
公立病院は、患者が多いため、2連続シフトの16時間労働もけっこう
あるという。
タイでは、看護師は3万人は不足していると言われる。

公立病院は、公費つまり税金でまかなわれているため、正規職員の枠は
きびしい。ところが正規職員と非正規職員の間では、給与、昇格、研修と
いった待遇面で大きな差がある。

看護師の月給は12,000バーツ(33,000円ほど)であり、正規職員との
差があるだけでなく、昨年から導入された新卒職員15,000バーツに対しても、
看護師は4年制大学を出たプロフェッショナルなのに、遅れをとる。
シンガポールの病院などは、メシ・ヤドつきで、月5万バーツをオファーしてきている。

タイの公務員委員会(OCSC)と公衆健康省とで、看護師の正規職員への変更が
模索されているが、2013年からの5年間で、健康関連で7万人正規職員を
とる中で、看護師枠17,000人が設けられている。

2012年6月19日には、公衆健康相が、そのうち3,667人の看護師を
第1次採用として、3ヶ月以内に採りたいと表明したが、3ヶ月たっても
実行されず、看護師達の不信が高まっている。

そして、10月16日には、1,000人以上の看護師がタイ首相府前でデモ。
11月中での早期実行を要求、さもなくば大量辞職を示唆した。
OCSCと国家予算局は話し合って、年内にも枠を決めたい意向だ。

タイの国民皆医療制度は、こういった看護師などスタッフのコスト抑制で
支えられてきたと言えるが、タイ社会の高齢化の進行と隣国からの
看護師ニーズの高まりで、それも限界に近づいて来ているように見える。

看護師の正規公務員への昇格は、ひとり看護師だけでなく、国の
公務員定数の拡大につながるわけだから、いっそうの財政拡大ともなろう。

タイの税金を使っての国民福祉の拡大も、費用面での障害にぶつかりそう
である。
[PR]
by ucci-h | 2012-11-19 16:27 | アジア諸国の賃金 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース