人気ブログランキング |
タグ:タイ株式 ( 6 ) タグの人気記事
タイ航空の黒字転換で動意づくタイの株式市場
長らく低迷してきたタイの株式市場に、
2016年2月下旬に入り、しばらくぶりに
動意が見えてきた。



SET(タイ株式市場)指数は、2月の3連休前の
19日(金)には1,320と1,300台に上昇し、1週間で3.4%上げた。
1日平均の売買代金も423億バーツ(1270億円)と
500億バーツ近くに増えてきた。



d0159325_1411243.jpg



@@@@@



昨年2015年1年間、タイの株式市場は、
ほぼ下げ続けた。
SET指数は、15年2月高値1,615から16年1月の安値
1,244へ1年間で23%の下落だった。



1,200台前半というのは2014年初めのボトム(1,224)水準だが、
長期化する景気の低迷を反映して、
株式市場の停滞が続いてきた。



@@@@@



中国の景気停滞、先進国の需要不足、さらには
前政権のバラマキ政策の後遺症や商品市況の低迷と
四重苦となると、外需主導型のタイ景気は沈滞から抜け出せず
(3年連続で輸出額が伸びなかった)、
連れて、株価の基礎となる企業収益も伸び悩む。



昨2015年のタイの上場企業の企業収益を見てみると、
第3四半期までの9か月間の比較だが、
主要8産業553社の比較で、税引き利益は
前年2014年の同期間に比べ26%の減益になっている。
株価下落が、企業減益を映した形だ。



@@@@@



2014年の11%減益に次ぐ2年連続の減益になりそうだが、
2014年はエネルギー・石油化学が足を引っ張ったのに比べ、
2015年は、エネルギーのさらなる減益に、鉄鋼、運輸(主にタイ航空)の
赤字が加わり、“常勝”銀行業も減益になるなど、減益幅を拡大しそうだ。



従って、株価も下がったが、企業莉益も下がっているので、
タイ株式のPER(株価収益率=株価÷一株利益)も割安になってはいない。
現在の実績PERは19倍ほど。歴史的に14倍以下ほどにならないと
割安とは見えない。



@@@@@



ここ1週間の市場の上げの主役はタイ航空(THAI)であろう。
過去6日間の連騰で、8.05バーツから11.90バーツまで
5割近くも上げた。


d0159325_1364251.jpg



この原油安で旅行の盛んな中で、タイ航空は昨年は
史上最高に近い赤字を垂れ流してきた。
国家企業の弊害が出て、コスト削減を余儀なくされる事態となった。



ところが、この2月下旬に発表された第4四半期の損益は、
40億バーツの税引き黒字に転換。これで2015年の年間最終赤字は
140億バーツ(420億円)ほどに減り、2014年の156億バーツの赤字を
かろうじて減らすこととなりそうだ。



@@@@@



今2016年は、タイの企業収益はどこかの四半期で
底を打つかもしれない。
収益への寄与度の大きい産業を並べると、
タイはエネルギー・電力と銀行業が双璧で、
そのあとに通信業、石油化学、そして
不動産開発、建設資材、商業、食品業、運輸業などが來る。



多くの業種が2年間伸び悩んだので、今年中に
底を打つかもしれない(または3年連続減益?)。



航空業(運輸業)が、2016年黒字化するならば、
全体の企業収益動向にプラスの影響を与えよう。
また、タイは原油ガス輸入国なのに、
エネルギー価格の低迷は、企業収益全体にマイナスに
働いているようだ。意外に感じられる。



@@@@@



2月下旬の株価動意では、やはりタイ市場を動かす
外国人投資家が買いに回っている。
1週間で62億バーツ(190億円)の買い越しとなっている。



過去1年の株価の下落で、PERこそ下がらなかったが、
タイ企業の配当利回りは上昇している。
5~6%(中には7~8%)の銘柄が目立つようになり、
折からの低金利の中、タイの証券会社は、高配当を魅力に
株を勧めているようだ。



確かに、企業収益が底打ちし、株価の下落も限られてくるなら、
5~6%の利回りは魅力であろう。
by ucci-h | 2016-02-24 01:41 | タイの株式市場と企業 | Comments(0)
安値引けで終えたタイの株式市場の来年は?

2013年5月半ばに、1632ポイントの高値をつけた

タイの株式指数SET指数は、その後予想通り下げに入り、

2013年末、政治的対立が解決されない中、

1286ポイント(-21%)と、1300を割り、

8月半ばにつけた安値と面合わせで、この1年を引けた。

外資の影響の多いタイ株式市場だから、バーツも下がっている。



 「加熱する株式市場どちらが正しいのか 2013-2-18」

  http://uccih.exblog.jp/17850537/ 


d0159325_02155025.png


@@@@@



高値を付けに行った過程はわかりやすかった。

株式市場で外国人投資家を中心とする主力株の買上げは

すでに終わり、今年第1四半期の買いの中心は、

個人の小型株投機に移っていたからである。



現在の1300水準は、加熱ラリーのスタート水準だから、

相場の過熱感はなくなったことになる。

当面、この1250水準の2点安で持ちこたえられるのか、

それとも2012年の1200水準、2011年の1100水準まで

行ってくるのか注目される。



相場の割高感はなくなってきたが、

2014年の景気動向とこれに伴う企業収益の動向が

注目される。

企業収益がネガティブな伸びしか見せないと、

割安感も消えてしまう。



 「やはり下がってきたタイの株式市場 2013-8-26」

  http://uccih.exblog.jp/19536841/ 



@@@@@



政治対立は、‘いつも来た道’だから、あまり驚きはないが、

タイ貢献党の経済政策(自動車販売奨励策やコメ国家管理政策)の

後遺症が、経済成長の鈍化と国民の債務増加を心配させる。



来年の経済成長は低い数字が見込まれるが、

企業収益の動向がどう出てくるか。

それにより、株式市場の底入れがなお先かも知れない。



by ucci-h | 2013-12-29 02:18 | タイの株式市場と企業 | Comments(3)
やはり下がってきたタイの株式市場
タイの株式市場の下落が目立ってきた。

今年に入り、すでに過熱気味になっていたところに、
米連銀の金融緩和策の縮小懸念から来る
外資の引き上げ懸念、
そこにいよいよタイの景気減速が意識され始めたので、
株価は下がってきた。

 「先行き懸念されるタイ経済 2013-7-24」
  http://uccih.exblog.jp/19326922/

d0159325_11464337.gif

@@@@@

タイの株式市場のSET指数は、2013年5月下旬の高値1646から
6月下旬の1364まで、外資引き上げ懸念で、
1ヶ月強で282ポイント(17%)急落したが、
7月に戻した後、8月下旬ここにきて、景気減速懸念で
再度下落、8月23日(金曜日)現在1338と、6月下旬の安値を
下回っている。

 「加熱するタイ株式市場 2013-2-28」
  http://uccih.exblog.jp/17850537/

この結果、年初5ヶ月間の上げ(多分にバブル分があったと見える)、
+18%(1392→1646)をすっかりそぎ落とし、
昨年10~11月のスタート台1300前後に近づいている感じだ。

@@@@@

今後の相場は神様にしかわからないが、
この1300前後で落ち着くか、1200水準(2012年)、または
1100水準(2011年)まで下がるかは、
今後の企業業績次第だろう。

株価が下がってきたので、タイ株式の平均実績PERは、14.7倍、
利回りは3.15%となってきた(いずれもタイ証券取引所の数字)。
それでも、なお企業業績の順調な伸びを前提とした評価のように見える。

タイ経済の伸び悩みに伴って、さすがの企業業績も伸び悩んでくるのか、
それとも興隆するアセアン経済圏の中で強さを発揮するのか、
年後半のタイ企業の業績動向が注目される。
by ucci-h | 2013-08-26 11:48 | タイの株式市場と企業 | Comments(0)
加熱するタイ株式市場、証券会社社長が正しいのか、財務大臣が正しいのか?
タイの株式市場と不動産市場は、外資の急激な流入と
バーツ高を引き金に、バブッて来ている。

今年に入ってからのバーツ高は急速だが、
バーツ買いは、いつものように遅れて、その分一挙に
やってきた。

タイの経済ファンダメンタルズとインフレ状況は昨年から
良いのだから、すでに昨年から、シンガポール・ドルや韓国ウォンの
ように、もっと強まっていても良かったはずだ。

しかしお金は生き物だ。
比較的安定した通貨から買われてゆく。
為替市場では、数次にわたる米国の金融緩和策の下でも、
緩やかだったタイ・バーツへの買いは、遅れてやってきた。

1月2日のアメリカでの財政の壁の回避(減税の延長)で
バーツはドルに対していっそう上がった。
昨年9月初めには1ドル=31.3バーツほどだったのが、
この2月はじめには29.75バーツへ。5%の上昇。

5%と言っても、18ヶ月ぶりのバーツの高値。
2008年はじめの史上高値29.35バーツまで指呼の間だ。

1月半ばにアベノミックスの金融緩和が顕著になった日本円に
対しては、9月はじめの1万円=4千バーツだったのが、
今の3200バーツまで一挙に円安バーツ高になった。
20%の変化というのは、なんとも大きい。

アセアン諸国の中でもトップ級の為替バーツ高は
タイの経済界にも混乱を与えている。
やれ市場介入せよとか、金利を下げろとか経済界は
やかましいが、タイ中央銀行は、今のところ無駄な動きを
するつもりはないようだ。

d0159325_12445978.jpg

タイの株式市場と不動産市場は今や
バブルだと書いた。

なぜバブルか?
為替市場と一緒で、タイの株式市場も外資の流入で
押し上げられた。
短期の外資の多くはタイの国債に向かうが、株式市場への
インパクトも大きい。

しかし、すでに外資の多くは、主力株中心の
買い上げを終えている。
2月にはいって以降、外国人投資家は売り越している。
今の市場で上がっているのは、値動きの派手な
中小型株だ。

2013年2月、タイの株式指数SET100は、
1500を越え、18年ぶりの高さになっている。
1500ポイントをつけたのは、バーツ危機以前の
1994年11月(94年1月が史上最高値の1754ポイント)。
タイの株価は、1年前に比べ、4割近く上がっている。

 「15年ぶりの高値をつけたタイの株式市場 2012-9-9」
  http://uccih.exblog.jp/16779729/

タイの株式のオーバー・バリュエーションは明らかだ。
SET(タイ株式取引所)のデータによれば、2月15日現在、
史上の実績PER(株価収益率)は19.6倍と、すでに20倍近い。
配当利回りも2.6%に低下している。
PBR(株価簿価倍率)も2.6倍と上がってきている。

タイの証券会社アジア・プラス証券のコンキアット社長は、
市場は投機化しているので注意するよう呼びかけている。
市場全体のPER(株価収益率)も20倍ほどになったが、
小型株の中には100倍を越えるものが出てきている。

今年に入って、第1~第2週は、それでも、
主力のSET50銘柄が、出来高の6割近くを占めていたが、
第3週からは45%に落ち、代わって、20%前後だった
SET100に入らない中小型株の出来高占有率が28%と
3割に迫ってきている。
1日当たりの出来高もここにきて500億バーツ(1500億円)を越え、
昨年の300億バーツを大きく上回る盛況だ。

このまま投機が盛り上がり、史上最高値1754を目指すのか知らないが、
要警戒圏に入ってきたようだ。
「腐りかけ前の魚ほどおいしい」と言うから、まだ上がるのかもしれないが、
バブルで上がった後は、その後の破裂の下げは、予想を上回るものに
なりがちだ。

不動産価格も、バンコク、チェンマイなどで上がっている。
しかし、たくさん造ったので成約に至らない物件も出始めているようだ。
ことにチェンマイの宅地造成は、ブームと言うよりバブル状態だ。

これに対して、キティラット副首相兼財務相は楽観的だ。
「株式市場は心配要らない。強い経済見通しを背景に上がっている
自然な動きだ」
「私は以前タイ証券取引所の社長をやっていたので、
資本市場を大変よく知っている(ほんとかな?)」

証券会社の社長が正しいのか、副首相が正しいのか、
今年が終わってみれば判るだろう。
by ucci-h | 2013-02-18 12:51 | タイの株式市場と企業 | Comments(0)
冴えないタイ株式市場の今年後半の見通し
タイの株式市場のパフォーマンスが
今年に入ってからはよろしくない。
昨年40%も値上がりした後を受け、
今年は、金利の引き上げや選挙後への不安から
外国資金が売り越しているからだ。

よろしくないといっても、年初来6月半ばまで
1.5%の値下がりだから、知れている。
他が良く上がる時遠慮して上がらないで、
下がる時は、負けずにそれ以上下がる
日本の市場に比べれば、立派なものだ。

しかし、今月に入って、タイのSET指数は、
世界の70市場の中でも一番悪いパフォーマンス
なので、証券会社はいろいろと見通しを出してくる
(下げ相場は低迷相場で商いが細るので、証券会社は
売りでも買いでも投資家に動いて欲しいものだ)。
6月に入って外国人投資家は6億ドル売り越している。

香港のゴールドマン・ザックスは、先週
タイ株式のポジションをアンダーウエイトするように
薦めてきた。「タイ株式のアウトパーフォーマンスは、
景気が鈍化し、インフレが加速すると共に、
たぶん終わったのだろう。政治的リスクが投資家を後退させよう」と
ゴールドマンのストラテジスとは言っている
(下がった後の後講釈は良く出てくるもの。後講釈が
なお今後の前講釈になれば当たりだが、比較的少ないものだ)。

クレディ・スイスも同様に、「政治的不安定さは、
景気を1~2%ポイント押し下げる。市場は過小評価している」と
弱気になっている。

これに対して、面白い反論がある。
ひとつは、キム・エン証券(メイバンクが買収したシンガポール系の
証券会社)のストラテジストの話である。「政治的リスクはすでに
現在の下げの中に織り込まれたんじゃないの?
今頃ダウングレイドしても遅いよ」と言うものだ。

d0159325_17312591.jpg

もうひとつは、以前紹介した海外投資の大立者、テンプルトン・ファンドの
マーク・モビウスの意見である
(モビウスももう74歳。余談だが、四半世紀前、済州島で韓国投資セミナーに
出ていた頃から、すでにスキンヘッドだった)。
彼は、現在もシンガポールにいて、テンプルトン・ファンドの新興国市場投資
500億ドルを管理し、うち175億ドルの「アジア成長ファンド」を運用している。

彼のこのファンドは、過去12ヶ月に世界の同様なファンドの92%を
アウトパフォームし、資産の21%をタイ株で持っている。
彼は、タイ株式に楽観的である。
モビウス曰く。「タイは過去80年間政治的不安定さで揺れてきたことを
忘れちゃいけないよ。1932年の立憲君主制の成立以来、
25人の首相が代わり、18の新憲法ができ、11のクーデターが
成功したじゃないの」。

タイ株式の現在のバリュエーションは、今後12ヶ月の予想一株当たり利益
に対して11倍ほどである。4月時点の12.5倍からは下がっており、
過去5年の平均7倍から見れば水準は上がったが、絶対的レベルとして
高くないPERである。モビウスは、「我々のようなバリュー・インベスターとしては、
現在のバリュエーションは魅力的である」と言っている。

ちなみに、バンコクのキャピタル・ノムラ(野村證券)の人間の見通しは、
以下の通りだ。
「SET指数は、現在(6月10日)の1020ポイントから、当面1000割れの
960くらいまで下がろう。そして年内には1224ポイントまで上がるだろう。
選挙が終われば、投資家心理も落ち着き、今年の20%の企業利益の成長に
眼が行こう。注意点は、最低賃金の行方だ。両党とも大幅な引き上げを
言っている。行き過ぎた労賃アップは、経済成長を損なう。
1224という目標値は、PER14倍で、成長するタイにとってはちょうどいい
レベルだ」。

日系の証券会社らしく、細かくそつがないが、
かといって、あまりその通りになることは少ないが・・。
予想は、その通りにならず、
上下どちらかに振れるから意味があると思っていればいい。
by ucci-h | 2011-06-15 17:33 | タイの株式市場と企業 | Comments(0)
タイ株式のETF東証に上場
5月半ば、タイ株式の「ETF」(上場投資信託)が、はじめて東証に上場された。
ETFとは、株式のファンドだが、株価指数に機械的に連動しているので、手数料が
安く、かつ株価指数とほぼ同じように動き、個別銘柄のリスクが分散されているのと、
上場株式と同様、いつでも売買できるのが魅力だ。

かつて、大阪証券取引所の外国部に「カントリー・ファンド」というのがあり、
タイ株式などのファンド(アメリカ原生)もあったが、時期尚早だったのか、
その後上場廃止されている(筆者は、今は米国パシフィック証取で取引されて
いるこのファンドを、今でも後生大事に持っている)。

この新しいETFは、タイ証取の「SET50」指数を追うものだ。
タイに対しては日本企業からの直接投資は多かったが、証券投資は少なかったので、
これがいいきっかけになればと、タイ側では見ている。


折りから、タイでは、主要企業の第1四半期決算が出始めている。
タイの株式も昨年は40%値上がりし、今年もあまり下がらず、一般の目標だった
SET指数1100をつけている(史上最高値は、94年の1753)。
株式のバリュエーションもかつての超割安感はなくなり、ほどほどのプライシング
になってきた(もっとも、配当優先だから、配当利回りはなお高いが・・)。

d0159325_2335524.jpg

従って、ここからは、株式のバブルがなければ、企業収益の伸びと共に
株価の値上がりも期待できよう。
そういう意味で、去年ほどではないにしても、今年タイ企業の業績がどのくらい
伸びれるのか注目される。

子会社も含めると、タイ株式市場の時価総額の4分の1を占める、タイの最大企業、
国が株式の過半を所有する石油・ガスの国有企業「PTT」。
天然資源の値上がりが追い風になって、第1四半期の税引き利益は345億バーツと、
昨年比51%の増益となった。

一方、石油を使う方の筆頭、「タイ航空」の第1四半期の税引き益は、
昨年の106億バーツが、94%縮み、6億バーツしか出なかった。
もちろんジェット燃料が34%上がったのが痛いが、このほか、タイバーツが
ユーロに対して弱くなったのも(第1四半期はバーツが対ユーロで下がったのだ)、
大幅減益に影響したといわれる。
それともうひとつ、アジアでは格安航空会社が大きく伸びている。
それにシェアを食われた分も大きいだろう。

今年のタイ企業は全体で、昨年のような大幅増益とはいかないだろう。
第2四半期以降の収益の動きが注目される。
 「タイ上場企業の増益率は32%だった 2011-3-9」
  http://uccih.exblog.jp/13087521
by ucci-h | 2011-05-18 23:37 | タイの株式市場と企業 | Comments(2)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
I wrote her ..
by buy generic viagra at 19:11
https://clck..
by ArabekWef at 12:30
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
影武者の話。 タイ語で..
by takeshi_kanazaw at 10:09
文字を文法的に(構造的に..
by ucci-h at 20:35
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース