タグ:バイク ( 10 ) タグの人気記事
ベトナムの抱える課題(前編): 交通網はいつ整備されるのだろうか? 
前回見たように、ベトナムの経済は、立ち直ってきた。
 「数字で見るベトナム経済の昨日・今日 2013-4-5」
  http://uccih.exblog.jp/18482602/

2桁インフレが6~7%へ下がって来、
金利も同様に下がり、なお引き下げの余地がありそうだ。
下げ続けた為替ドンも落ち着いてきたし、
為替安の効果もあり、貿易収支もバランス化してきた。

今後は、①経済成長が高まるかどうか、
またその中で、②財政赤字の膨張を抑えられるかどうか、
そして、依然改善されていない③銀行の不良債権にメスが入れられるか、
また、④非効率な国営企業の整理が行なえるかといった
構造問題の行方が注目される。

ベトナム経済の抱える課題の特集、
第1回は,交通インフラの未整備についてである。


d0159325_0484617.jpg


ホーチミン市(サイゴン)へ行くと、そのオートバイの洪水に
びっくりし、また道路網が未整備なのに驚かされる。
道路は狭く、舗装されていないところも多い。

ベトナムの建設省によれば、
ベトナムの都市人口は、2,800万人。
全人口9,000万人の31%と、3分の一近くを占める。
そしてGDPの7割を生み出している。

ベトナム全土のクルマの保有台数は、3,700万台もあるが、
自動車は200万台ほど。バイクが3,500万台と圧倒的数を示す。
これからの経済発展で、バイクから自動車へのシフトが
進めば、都市の交通渋滞はいっそう激しくなると危惧される。

ホーチミンやハノイといった都市の人口密度はとても高い。
人口密度は、平方kmあたり25,000人から35,000人だというから、
シンガポールや香港の6,500人/平方kmを上回る混雑振りである
(もっとも、シンガポールは国だから公共施設に多く割いているし、
香港は山岳部が多い。住居地域だけ見れば、ベトナムの都市を
上回るだろうが)。

世界の都市で、人口密度の高い都市は、平方kmあたり1万人を超える。
インドのムンバイは、27,000人/平方kmにも達するそうだ。
ちなみに東京23区は、14,000人/平方km。

d0159325_0444566.jpg


ベトナムの2大都市に話を戻すと、
バイクも含めた車の数は、年12~15%増の勢いで
近年増えている。
都市の道路面積は7-8%しかなく、
交通需要の40%しか満たしていないといわれる。
国際的な標準では、都市面積の20-25%が道路に使われることが
求められる。

ベトナムの都市の道路不足は、行政の計画力の不足から
多くきている。
都市の社会経済発展計画を作るのに、9-10年かかり、
3-4年で様相を変えていく都市の顔に追いつかない。

それでも、都市の道路の混雑を緩和するため、
ベトナムはバス、地下鉄、モノレール、市街電車などの
公共交通機関の整備を目指している。

ホーチミン市では、7つの地下鉄路線、3つの市街電車路線が
計画されている。
2020年までに全長で160kmになる計画だ。
最初の20kmの地下鉄路線計画は、2012年8月にスタートしたが、
建設資材費が高騰したため、はやくも4年先に延ばされ、
2018年開業の予定となっている。
ODAからの開発援助資金も10億ドルから20億ドルに倍増している。
地下鉄計画は、2007年に承認されたが、
2003~6年時のコストをベースに作られたため、
時代に合わなくなった。

ハノイでは、2030年までに8つの市街電車路線が計画されている。
全長284km。うち5路線がすでに承認された。
8つの衛星都市とハノイ市内を結ぶことになる。
早ければ、2015~16年に開業できるというが、さてどうだろうか?

d0159325_050324.jpg


ベトナムは、2011-2020年の10年間にGDPの3.5~4.5%を
輸送インフラに投じる計画を持っている(ビジョン2030)。
2012年時点で見れば、国のGDPは1,380億ドルだから、
48~62億ドルと、年50億ドル前後の資金を投じる計画だ。
ベトナム財務省は、10年間で800億ドルの資金が必要と
このほど推計したが、専門家は実際はもっとかかると見ている。

ベトナムの交通網の整備には時間がかかりそうだ。
直近の対策としては、都市では衛星通信を使い、混雑を
いくらかでも緩和する対策を採るというがどのくらい効果が
あるだろうか?

ホーチミン市を2年前に訪れてびっくりしたのは、
あの大都会に高速道路が見られなかったことだ。
一部作られ始めていたが・・。
JICAの協力でホーチミン市からゾーザイ地区へ向かう
最初の55kmの高速道路の竣工式が12年12月にあり、
早ければ年内には一部利用できるようである。

ベトナムの名物、「バイクの洪水」が無くなる日は
いつごろくるのだろうか?
[PR]
by ucci-h | 2013-05-02 00:52 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(0)
恥ずかしながら、バイク暴走
こんなことは、恥ずかしいから

日記に書くまいと思った。


でも、誰かの役に立つかもしれないし(立たないよ!)、

自分でも今後気をつけるだろうから、

恥を忍んで記しておこう。



3日前のことだった。

バイクで買い物をして、

マンションの地下駐車場まで

帰ってきた。


ビニール袋を

左右のハンドルにぶら下げてあるので、

それを取ろうとした。

d0159325_23304483.jpg



その時、暴走は起こった。

右のハンドルは、アクセルになっている。

ギアチェンジを怠り、

ニュートラルにせず、

スイッチも切っておかなかったので、

重い荷物を引き出そうとしたときに、

アクセルを吹かした結果になった。


バイクは前進し始め、

止めようとした私を引きずって、

近くの壁にぶつかって止まった。


幸い、対物破損もなく、バイクもちょっと

ガタが来ただけで済んだ。

自分は、右腕と右足に擦過傷、

胸もちょっと打ったがOK。

ただ、まだ痛むので、週末のゴルフ月例はうまく打てるかな。



バイク運転歴1年半。こけたのは2回だけ(笑)。


車を壁にぶつけたのは4年ぶり。

日本でオリンピックのフィギュアスケートを

テレビで見たくて、あわてて

ギヤをパークにしないでするすると駐車場の壁に

ぶつけて、100万円の被害を出してしまったことを

思い出す。

嗚呼、恥ずかしい。

ドジ、間抜け、あほう、おっちょこちょいと言われそうだな。

反省。


みなさんも気をつけてくださいね。

えっ、そんなドジはしないって?

慢心が危険のもとですよ!
[PR]
by ucci-h | 2009-12-07 23:26 | アジア的な生活 | Comments(0)
雨のチェンマイ郊外をバイクで迷走
今日の午後、一週間ぶりにゴルフに行きました。

少し良くなった背筋痛の様子を確かめかたがたです。
何とかクラブを振れました。

空は一面の雲。
ここ数日雨が降っていないので今日は降るかな?
ラウンド中に少し降られました。



午後5時。まっすぐ家に帰ればいいものを、
この前買った牛肉のおいしさにつられて、再度メージョー方面の
高級食材の「リンピン・スーパーマーケット」へ。バイクで。
ここから、ゴルフ以上のチャレンジが始まりました。


スーパーハイエイを東へ走ると、ぽつぽつまた雨が落ちてきた。
急ごう!
スーパーハイウエイをサンサイで左折できなくて
(ほんとうはメージョー交差点)、その先まで行っちゃった。

Uターンして戻り、サンサイ方面に行くと雨が多くなってきた。
行けども行けども雨ばかりで、スーパーマーケットの姿はない
(道が一つ違っていたのだ)。
ドイサケットまでは行かずにUターン。
途中ひさしのあるところで、日本から持参の高級雨合羽を着用。
すばらしい。
でも中はぬれ鼠。



また走りだすと、雨粒が頬に痛い。
でも、頬が締まってよいだろう。


雨が強くなってきたので、ビーフはあきらめて帰途に着く。

手前の運河沿いの通りをドイステープ方面へ曲がって行く。
雨が強いが、むかし歩いた南アルプスの白谷沿いの渓谷の
大雨を思えば、何の何の!

d0159325_1855112.jpg


としたら、次の交差点の右角に見かけた時計台が見えた。
リンピンがあった!
雨の中、駐車する。
バイクの座席に雨がかからないように、
またヘルメットの内側が濡れないように
座席の上にそっとヘルメットをかぶせておく
(頭いいなあ)。
でも、あとで見たら風で吹き飛ばされていた。


リンピン・スーパーに駆け込む。
ぎゃあ、寒い。
普段でも寒いのにぬれ鼠、ビールを濡れた布でくるんで
冷蔵庫に入れたようなもの。
歯ががちがちいって10秒と持たない。
通路へ飛び出る。


外は空に穴があいたような大雨。もう6時半。
ちょっとやみそうもないな。
ああ、どうしよ?
銭湯はないかな(あるはずないな)?

マッサージがあった!
「寒いから温めて」とおばさんに頼んで、1時間フットマッサージ。
この間、雨が小ぶりになってくれて、衣類が少し乾けば
もうけもの!


1時間たち外は暗くなった。8時に近い。
雨は小ぶりになった。
おばさんからタオルを借りて、タオルを着て、寒いスーパー内へお買いものに。
おしゃれに見えるかな(見えるわけないよ)。
ビーフを買えたぞ!ついでにワインと梅酒も買っちゃえ。


帰りは涼しいチェンマイの街を悠々と帰りました。

えっ、ばかやってるって?
かもね。


でも、こういう小さな冒険の方が、
カラオケ屋でねえちゃんをからかっているより面白いので
しゃあありません。許してね。


さあ、今晩は、ビーフを焼いて、ワインでかぱっと行こうっと!
[PR]
by ucci-h | 2009-07-30 18:41 | アジア的な生活 | Comments(0)
ええっ、バイクの税金が24000バーツ!?
バイクを買って1年たった(走行7000キロ)ので、今後1年分の税金をおさめに行った。

バイク屋で聞いたら、ランナーゴルフ場に行く途中の右側に税金事務所があるという。
そこで払えとのこと。


トヨタやホンダのお店があった。
ホンダのバイクなので、ホンダのお店へはいって、
「Taxを払いたいのだけれど・・・」と聞いてみた。

店員は、しばらくお待ちくださいと言って、少し計算して、紙に書いて持ってきた。
な、なんと24000バーツ!

「冗談じゃない。1年分の税金だよ。これじゃバイクが買えちゃうじゃない!」

結局、店員にはTaxという言葉が分からなかったのだ。
Taxなら分かると思って、パースィー(税金。なんだかゴルフのミドルホールみたい)
という言葉を用意して行かなかった私が悪いのだが・・。


要するに、ホンダのお店なので、中古バイクを売りに来たと思って、査定価額をくれたのだ。
まあ、1年で月々1000バーツほど償却して行く計算かな。

d0159325_23505259.jpg


ようやく誤解が解け、隣のビルの2階の事務所に行って支払った。
表記も言葉も全くタイ語だけなので苦労する。
でもお金をもらうんじゃなくて払うんだから、ノープロブレム。


お昼休みもなくおねえさんたちがのんびり働いていた。
税金150バーツ+強制保険料370バーツ。合計520バーツを払った。

新年度のステッカーは1週間後取りにいらっしゃいと。
[PR]
by ucci-h | 2009-07-23 23:43 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
ドイステープ山ツーリングで思いがけず
数日間ぶりにチェンマイに帰ってくると、チェンマイの風はやはりいい。
雨季は特に涼やかだ。
で、久方ぶりにバイクのツーリング(といってもたいした距離じゃないけれど)。

7月上旬の今、タイは5連休中。
6日(月曜日)を休日にし、
7日(満月の日)は「三宝節」(釈迦が仏法僧の三宝を説いた日)、
8日は「カオパンサー(入安居、僧侶の正式な雨期入り)仏教の祝日なので、4日の土曜日からの大型連休だ。
街には車と人があふれている。

バイクでドイステープ山(標高1080M)を登ることにした。
急坂が多いが、頂上のワット・プラタート寺院まで行くことにした。
ドイステープは、ご存知のようにチェンマイの西に位置するシンボルの山。
お寺の境内からチェンマイの街が一望できる。

仏教の祝日中なので、あちこちの仏像の前では、タンブン(寄進)を施す人が多い。
この祝日は禁酒日。
バーはクローズし、レストランでは、お茶の入れ物でそっとビールを出す。

愛車125ccのスピード号は、チェンマイ大学、動物園を経て、快調に山道を登り始める。
いちおう初めてなので、ギアを3から2へと低速にする。
ところが・・・
頂上のお寺まであと5キロというところで、後ろのタイヤがゴトゴト言い出した。
あれえ!?

後ろの車輪がフラットタイヤだ!
パンク?
とりあえず、近くの休憩所まで行き、みてみる。

日本から持ってきた「パンク修理キット」で直せるかもしれない。
だが、釘を刺した後や傷が見つからない。
だめだ。
どうしよう?

近くに停まっていたソンテウ(赤バス)に聞いてみる。
ふもとから空のソンテウ1台送れるという。300バーツ。
お願いします。

待つこと小一時間。
空のソンテウが来た。
うまいことに、ソンテウにバイクが高さ、幅いっぱいに
乗れるのだ。知らなかった。
自分も同乗し、街の修理屋まで運んでもらう。

なぜか、チューブがすり減っていたようだ。6700キロ走行。
チューブを取り換えて、修理代100バーツ。
ありがたい。チップをつけてお礼を言う。

そのあとどうしたかって?
もちろん夕方近くになったが再挑戦。
今度は頂上まで行けた。
プラタート寺院では線香、お花、ろうそくを捧げる人で賑わっていた。
雨季、チェンマイの街も一望できた。

帰路は、バイクを渡る風が涼しいというより寒いくらいだった。
さて、次は、懲りずに、どこまで行こうかな?

d0159325_11565724.jpg

[PR]
by ucci-h | 2009-07-08 11:43 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(0)
チェンマイ郊外バイク・ツーリング100キロ
「チェンマイに数か月いて、何してるの?」
そう日本の友人に聞かれて、まじめに答えると・・・、

「ゴルフして、
マッサージに行って、
タイ語勉強して、
ジムに行って、
タイ料理を食べて、
あとはその日の風で気ままに・・・」
となる。

でも、
何か足りないな?

今日は土曜日、家内の誕生日。
一緒にいれば、旅行に行くんだけどな・・・。
そうだ、チェンマイの素晴らしい自然の探索が少ない!

この前、日本の人と、ジェイソン温泉へ行ったけれど・・
(その手前のメー・カムポンの村がよかったな。
ドイサケットの先。朝9時になっても肌寒いんだもの)。

きょうは、思い立って、
チェンマイ郊外周遊バイク・ツーリングに午後出かけた。

チェンマイ市西北西のドイステープ山(1685m)の
周りを、反時計回りにぐるっと一周するツーリング・コースだ。
全長100キロ強。

実は、メーサ・エレファント・キャンプの先の
「ポンヤン・リゾート」のテラス・レストランを
見に行きたかったのだ!

107号線を北へ、メーリムへ向かう。

愛車ドリーム号に愛を込めているので、
ランナー・ゴルフ場までは5分で、また
グリーンバレー・ゴルフ場までは20分で
軽く行ってしまう(今度はGVもバイクでひとっ飛びだな)。

メーリムの街の北を左折し、メーサ象キャンプの
観光道路へ入る。
メーサ象キャンプまでは、35分で来ちゃった。

そして、シリキット女王植物園を過ぎ、
「ポンヤン・リゾート」には40分で着いた。

入口のジャスミンのようなガーデニアのような白い花の
香りがすがすがしい。
テラスからは、滝が見える。
また山の桜も見える。

街から離れ、乾季だが、空気がすがすがしい。

30分ほどビールを飲んで休み、
「さあて、どう帰ろう?」

d0159325_22564235.jpg

この先の周遊道路は、地図で見ると曲がりくねった山道
みたいだし、ガソリンも少ししかない。

「今回は、あきらめて、もと来た道をもどろうか?」
(冒険好きで、無鉄砲なくせに、慎重で臆病なのだ)。

門番のお兄さんに聞いてみた。
お兄さん「この先、1時間半で帰れるよ」
    「道?ここまでと一緒で悪くないよ」
    「油?この先で売ってるよ」
「じゃ、行くか!」

しばらく行くもガソリンスタンドが見つからない。
バイク屋で聞いてみる。
「ちょっと手前だよ。この先にはもうないよ」
戻ってみると、手動式ポンプのガソリン販売屋があった。
60バーツ入れて、やれやれ。

メーサ渓谷沿いに上って行く。
けっこう民家もある。長瀞渓谷沿いみたいだ。
日陰に入ると、半袖の腕がひやっとして気持ちいい。

ほとんど、ギヤを3速に入れて走れる。
時折、2速に、また4速に。
愛車ドリーム号は、
文句も言わず頑張ってくれる。
ビール小瓶1本より安い値段で頑張ってくれる。
思わず、ほこりだらけのボディーに頬ずりしたくなる・・。

乾季なので、山の中だが、空はぼやけている。
山まで来たのにと思ったら、先で山焼きが・・。
元凶は足元にあったか。
道の端まで焼けている。

チェンマイ市街の南、ハンドンまでは、
ポンヤンから結局1時間20分で帰れた。
途中の並木には、あの黄色いぼってりした花が咲いている。


トータル時間3時間。
走行時間2時間半。
お尻が少し痛くなったけれど、楽しかった。

今度は、パーイかチェンダーオまで走るかな。
誰か後ろに乗らない?ただでいいよ。
[PR]
by ucci-h | 2009-03-07 22:46 | チェンマイ近郊お勧め所 | Comments(8)
バイク免許取得顛末記
愛車「ドリーム号」を買ってはやひと月。
ナンバーも届いた。
つけた(つける枠を量販店のカルフールで買ってくるなんて
知らなかった・・)。
番号は、234番。
わかりやすい!

すでに走行距離も1000キロに迫る。
無事故無違反だ。

まわりがうるさい。
「運転気をつけてね!」と言ってくれる。
うれしいけど、うるしゃい。でも、ありがとさん。
おまけに、後ろに乗るかみさんまでも
後ろで手綱を引く。
嗚呼!後輪のタイヤがかわいそうだ。

さらに、まわりが「免許を取りなさい!」
とうるしゃいので、
きょうは街の南3キロのハンドン地区まで免許を取りに出かける。


まず、ラム病院で健康証明書。
きょうは血圧計がおかしく、180も出た。
でも、パス。すいているので早くていい。

次の領事館での在留証明書はパス。
前回バイクを買った時のコピーでトライ(だめもと)。
結局、バイクの車検証をみせて、コピーでもOKだった。
在留証明書、イミグレがさぼり出したので、領事館で面倒だ。


さて、ハンドンへバイクで飛ばす。
飛ばしすぎて行きすぎた。
U-ターンして、日本料理屋「与佐」のそばで
陸運局を発見した。

書類は何とかパス。
別室で、眼と反射神経の検査。
昨年12月、4輪車の免許取得の際やったので
余裕でパス。

d0159325_1963637.jpg


次に別室で、1時間交通ルールのビデオ観賞。
1時間。ちゃんと日本語もある。
勉強になった。眠かったけれど。お昼をまわる。

午後1時、部屋に集まる。
あれ、ぼくの書類がない。パスポートも
預けてあるのに・・。
その時、同室のファラン(西洋人)が間違えて僕のを持っていた。
こら。よく確認せい!


前回4輪の時は、日本の免許からの切り替えなので
筆記・実地試験はなかった。
今回は、画面を見ながら4者択一の30問。
75点以上でパス。

「タイ語読めないので日本語か英語で」とたのむ。
「日本語ない。英語ある」「・・・」
で、英語で受験。英語の筆記試験はアメリカでやって以来だ。

結果。
24問正解で、なんとかパス!
間違いは、交差点でのU-ターン。
OKと思ったらダメなんだって・・。
みんな、知ってる??

最後は、実地試験。
細い道渡りと、スラロームと完全停止。
細い道渡りかろうじて、乗り切るも、
スラロームで急いで、足を付いてしまい、
やり直し!

2度目は、足は付かなかったが、ポールを一つ
飛ばしてしまった。
再挑戦か?
しかし教官は見ていなかったので、
なんと、彼は、待っていたかみさんにきいた!
「OKか?」
「OK、OK!」とかみさん。
で、パス!

かみさんにいつまでも言われそう・・。
「私が通してあげたのよ」って。

バイクの免許も4輪とそっくり。
その場でできあがり。
裏を見ると、4輪の絵とバイクの絵が違う。

さあ、これでうるさい連中が静かになり
かみさんを後ろに乗せ(たまには他の人もね)、
チェンマイの風を切るぼくの華麗なるライディングを、
指をくわえて見守るようになる、かな?・・(笑)。
[PR]
by ucci-h | 2008-07-31 18:53 | VISA・イミグレ・免許 | Comments(0)
夫婦でチェンマイの街をハード・ラーダー
7月18日、カオパンサー(入安居)の休日。
これから雨期も本格化。お坊さんも外へ出ないという日です。

家内を迎えたイージーライダーは、ハードライダーと化し、
一日妻を後ろに乗せ、チェンマイの街をひた走ることになりました。

二人でバイクに乗るのは、結婚前以来。
信州の田舎で、私が乗せてもらい、
二人乗りでおまわりさんに追っかけられ、彼女が捕まった!

朝、金曜日なので、ナイトバザールのイスラム寺院の
「朝市」に赴く。
わが愛車「ドリーム号」妻を後ろに乗せるとタイヤがぐいと
沈み、充実感が出る。

「あなたに命を預けるのよ!」と叱咤激励を受け出発!
交差点で二人なので重さに負けエンストを起こす。
マイペンライ!

イスラム朝市でいろいろ野菜などを仕入れ、
次に、チェンマイ門をちょっと下ったパン屋へ行く。
トーストをかじり、コーヒーを飲み、ちょっとデート気分。


そして、エアポート方面へウアライ通りを南下する。
ところが、イミグレ、領事館とも、役所関係はきょうは休み。
「そうだ、きょうは休日だった!」
そこで「リンピン・スーパー」に行き、あすのグラタン作りの材料等を買う。
買った物は、宅送してもらう。

近くの「エアポートプラサ」へ転進。
メガネ屋でメガネを作る。日本の3分の一の価格だ。

お昼時になったので、北へ転じ、ホイケーオ通りの屋台ラーメンへ
行く。みそラーメンと餃子を平らげる。

d0159325_20411718.jpg

いったんコンドーに帰る前に、ムアンマイ市場へ寄る。
相変わらず物資が豊富だ。
ああ、ここでえびや玉ねぎ買えばよかったなあ!


コンドーに帰ってしばしお昼寝。
5階の窓から吹き込む風が心地よい。
かみさんは近所にペデュキアへ。マニュキアまでやってきた。


夕方、ゴルフの腰の痛みをとるべく、行きつけののマッサージへ行く。
相変わらずうまい。
かみさんは腰痛に気をつけてもらいつつ、
痛みが和らぎ、喜んでいた。


夜になった。
ふだんは1日2食なんだけれど、ドリーム号の勢いに任せ、
川を渡って、レストラン「キッチンハッシュ」へ。
やさしい料理のおいしい夕食。

帰り道、かみさんは慣れたのか、
普段の管理癖が出て、ぼくのベルトを後ろからつかみ、
左へ曲がるときは、左へ僕の体を傾けさせる。
バイクに乗っても、操縦されているぼく!

普段はイージーライダーですが、
きょうは一日、ハードライダーだったかな。
帰ってかみさんいわく・・
「きょう1日、私が運転した気分ね」だって。
[PR]
by ucci-h | 2008-07-19 20:32 | アジア的な生活 | Comments(0)
クラブを担いでバイクでゴルフへ
指の痛みが少し減ってきたので、10日ぶりに
ゴルフ・クラブを握りたくなった。
3番アイアンとアプローチのロブショットが課題なので、
近くのランナーゴルフ場の練習場へ行くことにした。
ところがクラブは部屋においてある。
以前のようにタクシーで行くのも、
今やバイクをものにした‘イジ・ライダー’としては、しゃくだ。

マンションの前にいつもとまっている「ツクツク」(三輪タクシー)で
クラブを運んでもらい、
自分は愛車ドリーム号(バイク)で行くことにした。
ところが今日はツクツクちゃんがいない。
どうしよう。
うちのマンションのガードマンと相談。
いっそう、キャディバッグをかついでバイクで行くのはどうだろう?
ガードマン君、首をかしげる。

昔、自転車でランナーにゴルフに通う猛者の話をきいた。
ちょっとみっともないが、えらい!
実際バッグを肩にかけバランスを取るべく揺すってみる。
ふむ、安定している。
あとは幅が広がるので、気をつけねばならない。

ガードマンの見送りを受けて、
イジ・ライダーは出発。
通常より幅があるため、車線の真ん中を堂々と
走る。横っちょなどにはいかない。

d0159325_1271021.jpg

さすが、車歴14日のベテランだ。
安定した運転で、7分でランナーに着いた。
この運転のバランス感が、練習にも寄与した。
指の痛さもあと少しだ。

帰りは、バッグはロッカーに置き、
空身ですっとばして帰ってきた。
チェンマイの7月の風は気持ち良い!
[PR]
by ucci-h | 2008-07-05 12:00 | アジア的な生活 | Comments(0)
バイクの風は気持ちいい
モーターサイ(バイク)を買って一週間。
バイクを初めて運転して、はや1週間。

皆さんは、「危ないから、気をつけて」と言ってくれる。
うれしいので、気をつけよう。
最初の日、街を走って、エアポート・プラザまで
LOSOのコンサートを見に行って、夜無事帰った、
と思ったら、安心したのか、マンションの地下駐車場への坂道でこけて、名誉の負傷。
まあ、男の勲章みたいなものかな・・。
それ以後は、チョークの引き方、警笛のならし方、
いろいろ覚えていき、はやチェンマイ・ライダーだ(でも、気を抜いてはいけない)。

クルマと違ってバイクはいい。
こんなにチェンマイの風が気持ちいいとは知らなかった!
風の感触が病みつきになりそうだ。
でも、バイクは危ない!何が危ないか、毎日のってみてわかった。
はや、走行距離180キロ、油も100バーツ2回入れたのだ。
事故より危ないこと。それは・・・、

d0159325_1932285.jpg

足が弱るのだ!
これまでは、一日平均2万歩近く歩いていたのが、
バイクで、距離と時間は稼げるようになったが、
タイ人のごとく、歩くのが減ってしまった。

降りて歩くと、階段を昇る足が重い!
足の運動不足になる。
これからはジムで、筋力系だけでなく、
時間がかかるので嫌いな、有酸素系の運動もしなくちゃいけないかな。
ほら、トレッド・ミルとかいう歩行器みたいなやつ。

こちら立てれば、あちら立たず、人生は難しい、うむ。
[PR]
by ucci-h | 2008-06-28 19:23 | アジア的な生活 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧