タグ:大井川鉄道 ( 3 ) タグの人気記事
日本の地名は面白い、そして言霊が・・・

日本国内を旅すると、いろいろな地名に
出くわして面白い。

琵琶湖の東側を北上するJR琵琶湖線・北陸本線、
途中長浜から少し行くと、右手に
小谷城のあった丘、小谷山が見えてくる。

d0159325_19372254.jpg

そう、戦国時代織田信長に敗れ、
城を枕に自刃した浅井長政の小谷城だ。
浅井長政は、あさいじゃなくてあざいと呼ばれるが、
今はなきお城の名は、おだに城だ。
そしてその山は、こたに山である。

d0159325_19373862.jpg

大井川鉄道に乗り、中間を過ぎると、
地名という名の駅が出てくる。
じなと呼ぶようだ。
ちめいと呼んだら、致命的な間違いとか。

d0159325_11581979.jpg

d0159325_19382542.jpg

(ブログ「追憶の彼方へ」より)

東京は西武池袋線に、保谷駅がある。
今は保谷市じゃなくて、面白みのない西東京市だとか。
保谷の呼び方は、ほうやだとか。

d0159325_19384816.jpg

ここ出身のHOYA(保谷硝子)は、
横文字になって、ホヤだ。

d0159325_19390077.png

保谷の逆の谷保という地名がどこにあるのだろうと
保谷の友人にメールを打ったその夕方、
後輩からパーティーへの案内が届いた。

d0159325_19390831.jpg

なんと、その場所が国立市谷保のレストランだった。

d0159325_19391868.jpg

偶然にしてもできすぎだ。
日本には言霊信仰(つまり、「お前が雨になったら、なんて言うから
雨になっちゃったじゃないかという類)が強いが、
言霊を信じていない自分も、信じなくちゃいけないかな?



[PR]
by ucci-h | 2018-04-10 19:46 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
日本の地名は面白い、そして言霊が・・・

日本国内を旅すると、いろいろな地名に
出くわして面白い。

琵琶湖の東側を北上するJR琵琶湖線・北陸本線、
途中長浜から少し行くと、右手に
小谷城のあった丘、小谷山が見えてくる。

d0159325_19372254.jpg

そう、戦国時代織田信長に敗れ、
城を枕に自刃した浅井長政の小谷城だ。
浅井長政は、あさいじゃなくてあざいと呼ばれるが、
今はなきお城の名は、おだに城だ。
そしてその山は、こたに山である。

d0159325_19373862.jpg

大井川鉄道に乗り、中間を過ぎると、
地名という名の駅が出てくる。
じなと呼ぶようだ。
ちめいと呼んだら、致命的な間違いとか。

d0159325_11581979.jpg

d0159325_19382542.jpg

(ブログ「追憶の彼方へ」より)

東京は西武池袋線に、保谷駅がある。
今は保谷市じゃなくて、面白みのない西東京市だとか。
保谷の呼び方は、ほうやだとか。

d0159325_19384816.jpg

ここ出身のHOYA(保谷硝子)は、
横文字になって、ホヤだ。

d0159325_19390077.png

保谷の逆の谷保という地名がどこにあるのだろうと
保谷の友人にメールを打ったその夕方、
後輩からパーティーへの案内が届いた。

d0159325_19390831.jpg

なんと、その場所が国立市谷保のレストランだった。

d0159325_19391868.jpg

偶然にしてもできすぎだ。
日本には言霊信仰(つまり、「お前が雨になったら、なんて言うから
雨になっちゃったじゃないかという類)が強いが、
言霊を信じていない自分も、信じなくちゃいけないかな?



[PR]
by ucci-h | 2018-04-10 19:46 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
春の大井川鉄道沿いを歩く

静岡県の菊川に行った折、
隣の金谷から出ている大井川鉄道に乗って
大井川を散策してみた。
d0159325_11581979.jpg


降りたのは、途中の「桜トンネル」のある「家山」(いえやま)。
島田市に属する家山から二つ先の川根温泉まで、
大井川沿いに1時間ほど歩いた。

d0159325_11583663.jpg


3月下旬だったが、桜はまだ6分咲き。
むしろ広い川辺の若葉の緑が春を告げ、きれいだった。
途中長い駿遠橋を渡る。
d0159325_12023817.jpg

江戸幕府の自然の防衛川となった大井川に
橋ができたのは、明治になってからのことだそうだ。

大井川は、昔の駿河(静岡東部)と遠江(静岡西部)を
分ける大河。

地名というのは面白い。
駿河、つまり駿馬のような急峻な川の名は、富士川の
急な流れからきているという。
また遠江(とおとうみ)、つまり遠くの湖の名は、大和から見て近い湖、
近江に対する浜名湖のことを指したと言われる。
近江と遠江、対比してみたことはなかった。

ちなみに、遠州森の石松(遠州森町村出)は、
遠州から大井川を渡って、駿河は清水の次郎長の
子分になったということになる。


川根の温泉は熱く気持ちの良い湯だった。
d0159325_11584432.jpg


川根茶はおいしかった。
お茶は、菊川や掛川のお茶が最高だと思っていたが、
山が川に迫る川根は、霧が立ち込め、最高のお茶の産地だそうだ。
d0159325_11580953.jpg


d0159325_12025029.jpg


大井川鉄道は、SLの走る鉄道として有名だ。
上り下り一日に一本ずつ。
線路にはそれを待ち構えるカメラマン。
川根温泉駅近くの沿線には緋色の桜が美しかった。
d0159325_11582740.jpg






[PR]
by ucci-h | 2018-04-08 12:07 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧