タグ:精密採点 ( 1 ) タグの人気記事
「抑揚」って音の強弱のことなの!? カラオケの精密採点に挑む

日本に来て、再度カラオケに挑戦。

昨年はじめて、日本のカラオケボックスの安さと
精密採点の精密さにびっくりした。

精密採点は、テレビのカラオケ王者を決める
やり方のようなので、興味を持って数回挑んでみた。


昨年の高得点は、93点台で、7曲ほどだった。
ちなみに、ベスト5は・・・
1位 別れの一本杉 93.616
2位 銀色の道 93.533
3位 昴 93.485
4位 夢一夜 93.338
5位 童神 93.037 だった。

今回、日本の歌はあまり歌っていないので(言い訳?)、
あまり去年の点数を更新できない。

しかし、しかし、今回初めて94点台を出せた。
阿木燿子ちゃんの作詞した「夢一夜」で、94.103が出た!
めげずに続ける元気が出た。

d0159325_14593370.jpg

そのほかにも、92点台だった
「千の風になって」が、93.928、
「時計」が93.736、
「アカシアの雨がやむとき」が93.036と93点台に乗ってきた。


これから、92~94点台の13曲のレベルアップをはかろう!
うろ覚えのメロディーは直さないと・・・。
精密採点の仕組みはいまいちわからないが、
全体に「表現力」が劣るようだ。

ネットで、表現力には、「抑揚」と「しゃくり」、「こぶし」、「フォール」があるという
説明を見てみた。
d0159325_14594303.jpg

フォール(末尾を下げる?)の点がないので、それがいけないのかと
思ったが、フォールは一曲にあまりなくてよいようだ。

抑揚の意味を取り違えていたようだ。
カラオケで言う抑揚はイントネーション(音の上げ下げ)ではなく、
音の強弱のようだ(日本語がおかしいよ!)。


そうか、いずれにせよ、音の強弱にもう少し配慮すればいいんだな。
よし、次回にチャレンジしてみよう。

たかがカラオケの採点、
プロを目指すわけでもないのでどうでもいいお遊びだが、
お遊びも遊びなりに追求すると面白い。
もちろん、テレビに出るような人たちの97~98点台とは
格段の差があるのだろうが・・・。



[PR]
by ucci-h | 2018-04-24 15:02 | 日本・米国・欧州 | Comments(2)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース