タグ:花電車 ( 1 ) タグの人気記事
横浜の郷愁 今はなき市電を訪ねる

郷愁の横浜巡りが続く。

横浜の街での一番の思い出は
今はなき「市電」だ。

d0159325_10131796.jpg

横浜の市電は、1904年(明治37年)に開業。
1972年(昭和47年)にモータリゼーションの
渦の中に巻き込まれ、根岸線も走り、廃止となった。

d0159325_10152056.jpg


その68年の歴史の中で、最盛時の昭和30年代には
一日30万人を運んだそうだ。
ちょうど自分が毎日のように市電の②系統に乗って
立野の丘の中学校に通学していた頃だ。

d0159325_10134506.jpg

15の系統があった市電の中で、ちょうど横浜港を
ぐるっと反時計回りで生麦から本牧一丁目まで回る
②系統の市電で、10キロ近い距離を
麦田町トンネルを抜けた大和町まで通っていた。

d0159325_10142489.jpg


クリーム色に青い線のはいったチンチン電車の床は
板張りだったが、緑色の座席は座りやすかった。
今回、磯子区の滝頭の車庫跡にある「市電保存館」に
行って、確かめてきた。

d0159325_10152985.jpg

中学生だった自分は、帰りの横浜駅あたりで
疲れから、運転席のそばで立ったまま居眠りした思い出がある。
終点まで26の停留所を数えることになる。

d0159325_10151051.jpg

ちなみに昭和30年代の横浜駅は‘日本一さみしい駅’で、
東口は倉庫街、西口は米石油会社の跡地で草ぼうぼう、
ちょうど横浜高島屋が相鉄による開発で作られた時だ。

d0159325_10150072.jpg


行きの市電では、降りる大和町の二つ前に元町があった。
そこでは、フェリスなど女学生が降りた。
共学の中学生には、何かまぶしかった。


今は、JR根岸線(1964年、昭和39年開通)が走っているので、
中学のあったそばの山手駅までは横浜駅からも近い。
市電で通っていた頃、根岸線の建設が始まっていたのを眺めた。
山手駅から登る坂道には今では「ふぞく坂」と、学校の名の名残がある。

市電で一番印象に残るのが、お祝いの夜、車庫から満艦飾で出てくる
「花電車」だった。
d0159325_10154841.jpg

その色とりどりの電飾で飾られた電車は、当時はもちろんまだないが、
ディズニーランドのパレードを上回る鮮やかさだった。


昔の市電は、根岸駅から1.2kmほどの
滝頭にある「市電保存館」で見られる。
d0159325_10153799.jpg




[PR]
by ucci-h | 2018-05-17 10:23 | 日本・米国・欧州 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧