タグ:銀行 ( 11 ) タグの人気記事
タイで最古参の外資系銀行HSBC、タイでのリテール・ビジネスも売却へ
世界の銀行業が、信用危機に次ぐ欧州ソブリン債危機に
揺れる2011年末の今、主要銀行の緊縮化が欧米で展開している。
アジアで長い歴史を持つHSBC(香港上海銀行、総資産2.7兆ドル)も
その例外ではない(現在の本社はロンドンにある)。

2011年、HSBCは、世界で30,000人の人員削減を
行なってきた。2013年までに35億ドルの経費削減を目指している。
7月には、1980年に買収した米国の旧マリーン・ミッドランド銀行の
ニューヨーク州の北部の150年の歴史を持つ192支店の売却を決めている。
また、日本でのプライベート銀行業務(運用資産27億ドル)も売却、
採算の悪い世界でのリーテイル・バンキング(チリ、ハンガリー、
グルジア、イラク、ポーランドなど)からの撤退に熱心である。

そして、このたび、タイでのリテール・ビジネスをタイ第6位の
アユタヤ銀行(BAY)に売却することになった。
売却代金は、12.8億ドルと推定される。

d0159325_12334026.gif

HSBCのタイでの活動は120年と、外資系では一番長い歴史を持つ。
19世紀末に、タイ政府の鉄道建設に資金を提供している。
リテール・ビジネスの売却とは、具体的には、
300~400億バーツのローン債権と、
50万人分のクレジット・カード・ビジネスをアユタヤ銀行に移すこととなる。

タイ6位のアユタヤ銀行(総資産293億ドル、綴りは違うが、
水害のあったアユタヤが発祥地)は、リテール銀行ビジネスに熱心で、
クレジット・カード保有者も4百万人を持ち、タイの商業銀行で
トップ・クラスだ。米国GE社が株式の33%を保有している。

グローバルな銀行は、地元で小口のリテール・ビジネスを、
ローカルに展開する地元の銀行と競うことは、所詮得策ではないと
言うことになるのだろうか。

一方、2012年より、タイにおいて外資系銀行(現在15行)は、
支店20店舗まで持てる子会社の設立が可能になる。
タイと中国や近隣国との投資活動が活発になってきていることから、
中国銀行やシティバンク、マレーシアの銀行の拡大が
見込まれる。
日本の三菱UFJ、三井住友、みずほはどう対応するのだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2012-01-01 12:34 | タイの銀行・保険 | Comments(2)
ベトナムの銀行の増大した不良貸し出しにメスが入れられるか
欧州の財政問題は、銀行の信用問題に変容してきているが、
アジアでなお20%近いインフレ率(11月19.8%)に悩むベトナムの
最大の経済課題は、金融機関、銀行の健全性、具体的には
膨れ上がった不良ローンの処理という点になってきたようだ。
 「不良資産の処理に追われるベトナムの銀行 2011-10-4」
  http://uccih.exblog.jp/14690591/

ベトナムには、100行ほどの、国営、民間、外資系の銀行があるが、
多くが、過去のローンの急激な拡大から、不良債権を抱えている。
ベトナムの銀行融資は、過去10年で14倍に膨れたと言われる。
年35%増のペースで拡大してきた。
今や、融資残は、中央銀行によれば、2011年9月末現在で、
2500億ドルと、GDPの2.4倍に達している。

もともと資本が過小なベトナムの銀行は、不良資産の増大により、
資金不足に悩むことになる。
しかも高い貸出金利を余儀なくされているので、借り手の障害に
なってきており、金融業の機能が制限されてきている。
このままでは、経済の発展にも支障をきたしてくる。

ベトナムの銀行の不良債権の割合は、公式には3.2%で、
年末には5%に達するかもしれないと言うことだが、
数字があいまいなベトナムのこと、実際の割合は、
もっと高く、外資筋は、10%以上、銀行アナリストは15%を超えている
と見ている。

d0159325_1292075.jpg

これは、捨てて置けない問題で、共産党政府(ベトナム戦争勝利後、
ベトナム労働党の名をベトナム共産党に変えている)は、
銀行業の再編成に乗り出す意向だ。

もっとも、政府のやり方は、今のところ銀行合併しかない。
小さな銀行を一緒にさせ、2015年までに銀行の数を半分に減らす
つもりだと、前中央銀行総裁は言っている。
さっそく、この12月には、ホーチミン市の3行が合併した。

しかし、一緒になれば、不良資産が減ると言うものではない。
かつ、政府や大銀行にこれらを救済する余力も少ないようだ。
でも誰かが不良債権をかぶらなければならない。

そこで期待されるのが外資系金融機関だ。
外資系銀行も、欧米の銀行の多くは、欧州の債務問題で余裕に
乏しい。期待されるのは、アジア、中国の銀行と言うことになるのだろうか。

現在、ベトナムの銀行業において、外資系銀行は、一行につき、
国内銀行の資本保有は20%までに制限され、全部あわせても、
外資の保有比率は30%に制限されているが、今後は
こういった制限が緩められ、外資系銀行の設立が促進されるのだろうか。

ベトナムに外資系銀行が増えて、資金が豊かになるだけでなく、
ここまでのベトナムの国営企業を中心とする野放図な経営姿勢が
チェックされるようになれば、ベトナムの経済発展に好ましいことに
なるだろうが、さて今後どこまで開放されるだろうか。
[PR]
by ucci-h | 2011-12-30 12:10 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(1)
アセアン中でもタイでの拡大狙うマレーシアのCIMB銀行
成長するアセアンにおいては、欧州と違って、銀行業が
成長しつつ、比較的健全であることが、経済基盤の強みと
なっている。

アセアンにおいては、2015年の経済統合に向けて、
銀行間の競争も激しくなっているが、総資産規模で
上位10行をみると、シンガポールの銀行が3行、
マレーシアの銀行が3行、そしてタイの銀行が4行と
この順に並んでいる。

中国、日本、豪州の銀行はもちろん入れていないが、
香港に本店を持つHSBC(香港上海バンク)は、古くから
東南アジアで活動しているから、アセアンのトップに
置いていいかもしれない(総資産6500億ドル)。

ちなみに、英国に本社のあるHSBCホールディングスは、
1991年に、英ミッドランド銀行買収などで作られた
香港上海バンクを核とする持株会社である。

シンガポールの3行は、総資産順に
DBS(シンガポール開発銀行、総資産2320億ドル)
OCBC(華僑銀行)
UOB(大華銀行、タイでも12位ほどの規模でがんばっている)、である。

続くマレーシアの3行は、総資産順に
メイ・バンク(マレーシア銀行)
CIMB(前身はブミプトラ商業銀行、900億ドル)
パブリック・バンク、である。

タイは、総資産順に、
バンコク銀行 660億ドル
クルンタイ(KTB)銀行 
カシコーン銀行 
サヤム商業銀行(SCB)、と並ぶ。

タイの主要銀行については、以下参照されたい。
 「タイの銀行の預金保護が縮小する 2011-1-3」
  http://uccih.exblog.jp/12625423/

d0159325_1083467.jpg

さて、このうちアセアン第5位のCIMBであるが、
アセアン市場での拡大を狙って、着々と手を打ってきている。
以下は、クアラルンプールで行なわれた、CIMBのラザックCEOの
バンコク・ポスト記者とのインタビューの内容である。

先月末には、クアラルンプールのマインズ・リゾートで、
PGA公認の「CIMBアジアパシフィック・クラシック」ゴルフ選手権
が開催された。

@@@@@

CIMBは、マレーシアだけでなく、タイ、シンガポール、インドネシアにも
支店網を持つ。国外も含め、支店数は1100以上である。
900億ドルの総資産規模は、現在アセアンで5番目の規模の銀行である。

成長するアセアン経済だが、古くからの欧州の銀行は、欧州の信用問題の
深刻化から、撤退を増やしており、CIMBにとっては、拡張の好機である。
CIMBは、そういったところからローンを買い取っている。

マレーシア国外での拡大を目指し、各国の投資家からの出資を歓迎している。
シンガポールでは、国営投資会社テマセックからの出資を求めている。

タイでは、2009年5月に、バンク・タイの42.1%の株式を取得した。
現在では、93.15%を握り、「CIMBタイ銀行」という名で、タイにおいて
銀行業を拡大している。現在タイで10位くらいの規模である。

また最近、タイ6位の銀行、アユタヤ銀行の筆頭株主GEキャピタルから
持株32.93%を譲り受ける覚書にも調印したと言われる。

証券業では、最近、バンコクのシッコ証券を7.68億バーツで支配下に
納めた。ラザック氏は、CIMBは、各国で証券業でもトップ3に入っているが、
タイでは25位なので、ここでもそれなりのポジションを持ちたいという。

@@@@@

CIMBは、アセアンの各国で拡大したいようだが、
特にタイでのポジションのアップを狙っているようだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-11-17 10:14 | タイの銀行・保険 | Comments(2)
不動産がらみの不良資産の処理に追われるベトナムの銀行
インフレが20%以上に高進し、金利も二桁に乗せている
ベトナムでは、いま不動産マーケットの値下がりがきついようだ。

ロイター電によると、今年4月に銀行から5億ドン(180万円ほど)
を借りて、ハノイに新築のコンドミニアムを投資目的で買った
ベトナムの婦人は、5ヵ月後のいま、売却できればラッキーと
いった状態になっているという。

値下がりしてきたベトナムの通貨の桁数は多く、
今や1ドルが21000ドンほど。円もこの1年近くでさらに
15%上がって、100円が27500ドンほどになっている。

ベトナムは、2006~7年に不動産がブームだったが、
いまは値下がりし、なおいまだ底入れの見込みも薄い。
2007年はベトナムの不動産の‘ゴールデン・エイジ’で、
不動産関連の利益は、濡れ手に粟だったようだ。

問題は、不動産ローンを貸し付け、また不動産を担保に
とっている商業銀行だ。
不良資産の10%は不動産がらみと言われるが、
実際はさらに数十億ドルの融資が、不動産を担保にしている。

ベトナムの経済学者は、「住宅市場の崩壊はすでに経験したが、
いまだリーマン(金融危機)がないのが怖い」と皮肉交じりに
言っている。

d0159325_13164258.jpg

中央銀行は、不動産を含む“非生産セクター”への銀行の
貸付を、年末までに全貸し出し残の16%以下に抑えるよう
銀行に対し規制している。

中央銀行は、昨年末の焦げ付きローンの比率は2.16%と
公表したが、この7月末には3.04%に4割増えている。
今年の年末には、5%に達するかもしれないと中央銀行総裁は
見ている。

2006~7年からここまで4年間のベトナムの信用増加は、
年35%増というハイペースで、1000億ドルの新規信用が
加わった。1000億ドルといえば、2010年のベトナムの
GDP1036億ドルに匹敵する数字である。
これに比例して、不良債権も増加してきた。

ベトナムの問題は、国有企業だけでなく、金融機関にも
あるようだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-10-04 13:17 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(1)
ギリシャ国債のデフォルトに備え始めるフランスの銀行
ギリシャを始めとするユーロ圏の国債のデフォルト(債務不履行)
に備えて、欧州の銀行が、その予防対策をはじめた。
欧州の銀行株は、9月12~13日と大きく下がっている。
仮にギリシャがユーロ圏を離脱するとしても、その債券価値は
大きく下がる。

代表的なのが、フランス3大銀行のひとつ「ソシエテ・ジェネラル」(SG)だ。
世界の銀行を総資産の順に並べると、昨年はトップ11の中に
フランスの銀行が3行も入っている。1位がBNPパリバ、
3位がクレディ・アグリコール、そして11位がソシエテ・ジェネラルだ。
ちなみに米国トップのJPモルガン・チェイスは8位、バンク・オブ・アメリカ
は12位、日本のトップ、三菱UFJは10位だった(バンカーズ・アルマナックより)。

フランスの銀行は、特にギリシャ国債への投資が多いので
注目されている。また、ギリシャの銀行も所有している。
フランスの銀行は、また景気のスローダウンの影響を受け、
それと短期借り入れへの依存度が高いことからも信用が揺らいでいる。

d0159325_0412691.jpg

ソシエテ・ジェネラルは、以前今年の利益予想には届かないことを発表
したが、ここにきて、費用削減、ロシア。ルーマニアなどでの人員整理、
不良資産の売却、また、資産運用部門やフィナンシャル・サービス部門
の売却まで言い出した。
ソシエテ・ジェネラルは、資産売却によって、40億ユーロを手にしたいようだ。
ソシエテ・ジェネラルは、ユーロ圏の国債43億ユーロを保有しているが、
そのうちギリシャ国債は9億ユーロ(約1000億円)を占める。

折りから、大西洋の向こうでも、バンク・オブ・アメリカが3万人の
人員削減を発表している。
欧米の銀行は、2008年のサブプライム・ローン焦げ付き以来の
危機に直面している。
[PR]
by ucci-h | 2011-09-15 00:42 | 日本・米国・欧州 | Comments(3)
タイで上がってきた預金金利をどう活用する?
タイでは、金利が上がってきたことから、
昨年から今年と銀行の預金金利も上がってきた。
こちらでお金を預けて暮らす我々には少し助かることだ。

たとえば、昨年8月に預けたSCB銀行の10ヶ月の定期預金金利は
1.3%しかなかったが、この4月の7ヶ月定期は、2.4%に上がっている。

金利の比較的高いタナチャート銀行のこの4月では、11ヶ月定期で、2.85%
12ヶ月のB/E(Bill of Exchange、銀行為替手形)だと、3.25%と
なってきた。

ただし、いずれも税引き前のレートだから、実質の手取りのレートは、
2.85%ーTax15%分=2.42%、
3.25%ーTax15%分=2.76%のようになるが、
それでも、預金金利が1%ポイント以上上がってきたことは助けになる
(もっとも、ガソリンや食品、食堂価格は4月以降10%以上上がってきているが・・)。

d0159325_22294275.jpg

タイの銀行は、今年も貸出しは伸びているものの、
政策金利が引き上げられる中で、預貸スプレッドは狭まってきており
(今まで預金コストがとても安かったわけだ・・)、
折りから銀行はスタッフを増やしていることもあり、収益を圧迫してきている。

そこで、銀行は資金コストを抑えるために、B/Eの活用を増やしている。
Bill of Excahngeは、銀行の発行する銀行為替手形だが、これは預金と違って、
中央銀行の元にある「FIDF」(金融機関開発基金、金融機関の安定化に当たる)に
預金額の0.4%を支払わずに済むので、資金コストを抑えられるのだ。

B/Eの利率は、預金より通常0.25%ポイントほど高いが
0.4%分を支払わずに済むので、実質の資金コストは、0.15%ポイントほど
低く済む計算になる。

中堅のキアトゥナキン銀行(KKバンク)の場合、
この3月末には、B/Eは昨年末より62%増え、340億バーツとなった。
預金残高が722億バーツだから、全体の資金の4分の一がB/Eとなった
(昨年末は17%)。

預金者にとっては、B/Eは、預金と違って、預金保護の対象にはならないだろうが、
自己責任で、信頼できる銀行のB/Eに預けるなら、高めのリターンを得られる。
[PR]
by ucci-h | 2011-04-29 22:31 | タイの銀行・保険 | Comments(5)
タイの銀行の好パフォーマンス
銀行は私企業だが、その国の経済の健康度をはかるバロメーターでもある。

アイルランドの破綻が銀行の不健全な貸し込みから来たことを想起すればよい。
20年前の日本のバブルの破裂も、銀行の不動産向け融資が加担した。
銀行のローンが投機に走ると、その国の経済もバブり、危うい。
逆に、健全なローンが伸びていなければ、その国の経済の沈滞の表れだ。

タイの銀行は、高い経済成長の下、ローンの需要が伸びて
昨年は純利益が25ほど%増加の好決算だとお伝えしたが、
主要10行のパフォーマンスが、バンコク・ポスト紙に載った。
2011-01-27 21:33

d0159325_10351888.jpg

10行合わせてのローンの伸びは、昨年は+12.3%。
年末のローン残高合計は6兆1,200億バーツ。
クルアンタイ銀行、バンコク銀行、Kバンク、SCBの4行が1兆バーツを超えている。

ノン・パーフォーミング・ローン(不良ローン)比率は、
10行平均で、前年の6.25%から4.69%に、2.44%ポイントも減っている。
低いTISCOの1.72%から、高いTMBでも7.57%と、二桁はなくなった。

税引き利益の10行合計は1,074億バーツと、1千億バーツを超えた。プラス24%。
バンコク銀行とSCBが240億バーツ台で、トップを競っている。

昨年末の10行の預金残高合計は、6兆4,610億バーツと、前年比5.3%の伸び。
ここでも、預金額1兆バーツ以上は、バンコク銀行、KTB、Kバンク、SCBの4行である。
預貸率平均は、前年の112.6%から105.6%へと縮まった。

各行とも、手数料ビジネスの拡大に力を入れている。
10行合計の手数料収入は、19.1%伸び、1,061億バーツと、1千億バーツに乗せてきた。

今年も、ローンの伸びは12-14%と、高い伸びが期待されている。
景気拡大が続くことに加え、政府のインフラ投資が見込まれるからだ。

証券会社は、銀行セクター、なかでもKTBなどを薦めている。
今後3年ローンが2桁の伸びを示しそうなことや、今年も利益が19%ほど伸びそうなこと、
そして、株価も簿価に比べ1.5倍とそう高くなく、ROEが14%と高いことなどが、
その論拠のようである(責任はもてませんよ)。

政策金利は、今2.25%だが、年央までに3%まで上がると見られている。
そこらでインフレの上昇が抑えられればいいが、さもないとローン・リスクが拡大し、
来年の金利は、3.5-3.75%まで上がりかねないと見るエコノミストもいる。
[PR]
by ucci-h | 2011-02-11 10:37 | タイの銀行・保険 | Comments(0)
タイのトップ銀行の利益出揃う
タイのトップ銀行の名前については、前回お伝えしたが、
昨年のタイのトップ10行の純利益が出揃った。
2010-12-18 22:56

全体では、好調な経済とローンの伸びを背景に、
10行で、27.5%増益の1,022億バーツという史上最高益となった。

純利益トップの4行は(カッコ内は2009年の純利益)以下の通り:

1.バンコク銀行 248億バーツ(207億バーツ)+19.9%
2.サヤム・コマーシャル銀行(SCB) 242億バーツ(208億バーツ)+16.6%
3.カシコーン銀行(Kバンク、農民銀行) 200億バーツ(147億バーツ)+36.1%
4.クルンタイ銀行(KTB、国有銀行) 152億バーツ(122億バーツ)+24.8%

このあとに、アユタヤ銀行、タナチャート銀行(TCAP)、TMB(タイ・ミリタリー銀行)、
TISCO、キアトナキン銀行(KK)などが続く。

d0159325_21325957.jpg

今年も、金利が少しずつ上がっていくが、ローンの高い伸びを背景に
利益の続伸が期待されている。

まあ、世界の銀行の利益水準と比べれば可愛いものだが、
預金者からお金を集めて、適正なスプレッドで貸し出すという
銀行本来の役割に徹してもらいたいものだ。

先進国の銀行のように、信用の低い相手に貸し込んだり、
貸出先がないので、国債をためこんだり、そんなことのないように・・。
不動産投機を助長してはいけませんよ!
[PR]
by ucci-h | 2011-01-27 21:33 | タイの銀行・保険 | Comments(0)
タイの銀行の預金保護が縮小する
タイの銀行は、預金するにしても、
その時の条件次第で、また預金者とのネゴで
金利が決まるから面白い。
さすがに自由の国、タイランドである。

といっても、もちろん当局の規制はある。
ちなみにタイのトップ12銀行は、資産規模の順に、以下の12行である。
街のスーパーやショッピングモールに行くと、主要行の店やATMが目立つ。

1.バンコク銀行(BBL)・・・言っちゃ悪いが、官僚的でサービスは最低
2.クルンタイ銀行(タイ・キャピタル銀行)・・・国が過半数を持つ
3.SCB(サヤム・コマーシャル銀行)・・・革新的でサービスも速い
4.カシコーン銀行(タイ農民銀行と呼ばれた、Kバンク)・・・‘賢い’銀行か、口座‘貸越’に良いのかは知らないけど(駄洒落)

5.TMB銀行・・・元は、タイ・ミリタリー銀行、もちろん軍人でなくても利用できる
6.アユタヤ銀行 7.キアトナキン銀行 8.サヤム・シティー銀行(政府が管轄)
9.タナチャート銀行・・・可愛い行員をそろえている
10.CIMB銀行・・・マレーシア第2位のCIMBのタイ法人
11.スタンダード・チャータード銀行・・・英国銀行の子会社
12.UOB銀行・・・シンガポールのUOB(大華銀行)の子会社、為替レートがいいので知られる
このほかに、不動産最大手の「ランド&ハウス」なども、「LH銀行」を展開しています。

d0159325_1264492.jpg

タイの銀行での預金は、預金保証機構(DPA)によって、これまでは全額保証されてきたが、
今年8月より上限額が5千万バーツ(約1億4千万円)に、そして2012年8月からは、上限100万バーツ(約290万円)までとなる。
預金者からは、銀行の安定性が選ばれるようになる。


これに対して、各銀行は、預金獲得のため、金利の少しでも高い商品パッケージを提供する。
タイの銀行の預金は、年5-7%で伸びている。
最大手のバンコク銀行は、期間15ヶ月の定期預金、利率2.25%を導入した。
CIMBは、9~12ヶ月の10万バーツ以上の定期に対して、2~2.5%をつける予定だ。
アユタヤ銀行は、7ヶ月定期で1.8%という。

バンコク銀行はじめタイの商業銀行は、およそ3%の金利スプレッドを
確保してきたが、12月1日の政策金利の1.75%から2.0%への引き上げ時に、
バンコク銀行は、預金金利は0.5%分上げたものの、貸出金利は0.125%しか
上げれなかった。
タイの銀行は今年、競争の強まる中で、金利スプレッドは縮まるので、
国際ファイナンスなどのフィー・ビジネスの比重を高めていくと見られる。

来年は金利も上がる年になろうから、預金者は各銀行の金利を
競い合わせることが出来るだろう。
ちなみに、タイで外国人が口座を開けるかは、銀行により緩いのから
厳しいのまでさまざまだ。
[PR]
by ucci-h | 2011-01-03 12:07 | タイの銀行・保険 | Comments(2)
香港上海銀行(タイランド)CEOのインタビュー
世界中をカバーし、総資産で世界一のHSBC(香港上海銀行、上海での
世界ゴルフ選手権のスポンサーをやっている)の
タイのCEOウイリー・タム氏とのインタビューが、11月22日付の
「バンコク・ポスト」紙に載っている。

彼は、中国、香港、マレーシア、英国、米国、カタールを歴任したあと、
3年前の2007年末からバンコクのHSBCタイランドのCEOになっている。

ちょうど、軍政から翌年黄シャツ隊による空港閉鎖、、そして今年5月の
赤シャツ隊によるバンコク暴動とこの国の動乱を目の当たりに見てきた。
しかし、彼によれば、「タイはアジアでベストな地域である」との認識は
変わっていない(多少のお世辞もあろうが)。

彼は、26年間各国を見てきたが、「タイの混乱は時間がかかって落ち着いていくもの」
との認識で動揺していない。
タイの魅力としては、「強いインフラとサプライ・チェーンである」と見ている。
確かに現今、タイの道路はどこへ行っても完備しているし、空港・港湾も整備され、
南の海のさしみが、北の内陸地チェンマイで12時間以内には食べれるようになってきた。
日本からのメール便も3-4日で確実に届くようになった。

d0159325_17294683.jpg

香港上海銀行は、タイの経済成長率を今年7.9%、来年5.5%と見ている。
銀行は、タイでの貸出しは現在90%がホールセール向けだが、
今後支店網を50まで増やし、リーテイル業務の分野を拡大していく意向だ。
HSBCは、先ごろグループのCEOを持株会社の本店のあるロンドンから
元々の拠点である香港に移した。
世界89カ国に店を持つHSBCだが、今後の重点は発祥の地アジアに置いている。
[PR]
by ucci-h | 2010-11-22 17:30 | タイの政治・経済・金融・為替 | Comments(4)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース
画像一覧