人気ブログランキング |
タグ:電力 ( 6 ) タグの人気記事
アセアン4カ国の電力事情(4) 電力不足が拡大しているベトナム
アセアン4カ国電力事情の最終回は、ベトナムである。
ベトナムの電力需要は、インドネシアなどの伸び率を
上回り、ここ4年ほどは、年14%のハイペースで伸びている。

増大する需要にこたえるべく、中国から電力を輸入したり、
インドネシアから燃料炭を2011年には初めて輸入したりして
対処しているが、電力不足は否めない。

2007年以降電力事情が悪化し、
夏季には週2~3回の停電を余儀なくされ、
家庭だけでなく、ビジネスにも影響するので、
外国資本投資の障害になっているという。

d0159325_20321056.png

2011年の年間電力消費量93,600ギガワット時を
2020年には329,400ギガワット時と見込んでいるから、
年率15%の高い伸びを想定している。

発電能力は、20,000メガワット(2010年末)だから、
人口のほぼ等しいタイの77%ほどの能力を
数字上は持っている(電化率も97.6%といわれる)。

電力源としては、現在、
天然ガスが44%、石炭が27%、水力が27%、石油火力が2%
だが、将来は石炭を46%に伸ばし、天然ガスのシェアを29%に、
水力を23%に下げたい意向だ。

しかし、現実の発電所建設の進捗率は70%程度と計画通りに
行っていない。
ベトナム経済自体が、国有企業の経営不振、資金状況の悪化、
さらには相変わらずの共産党政権下でのレッドテープによる
行政の遅滞などが、進捗の障害になっている。

d0159325_20304493.jpg

ベトナムの電気料金は、kwh当たり6.5円ほどと、タイなどよりさらに安い。
補助金が多いのだろう。
しかし、その分、電力開発推進の障害となる。
今後は、徐々に電気料金を引き上げ、電力供給を増やしていく事になろう。

福島原発事故以降、各国で原子炉へのアレルギーは強まっているが、
ベトナムでは、南部での2基4,000mwのニン・トゥアン原子力発電所
(ロシアの技術による)の2014~2015年建設計画が破棄されてはいない。
今後、大きな電力不足が見込まれるベトナムでは、原子力に将来
15~20%のシェアを担ってもらいたいようだ。

もちろん安全性の精査もあり、実際の建設は先になろうが、
先に述べたように、ベトナムの経済政策全般の展開が、
電力設備の増強を可能に出来るかどうかの
鍵となるだろう。
by ucci-h | 2013-03-02 20:34 | 電力・エネルギー | Comments(0)
アセアン4カ国の電力事情(1)タイの電力開発の問題
成長するアジアだが、各国ともインフラ未整備が多い。
中でも、拡大する経済に追いつけない最大のネックが
電力である。

以前、成長するインドネシアでは、増加する世帯に対し
むしろ電化が追いつかず、全人口の3分の一、8,600万人に
電気が届いていないとお伝えした。

タイで暮らしていても、時々停電がある
(もっともこれは地域の配電の問題だが・・)。
ラオスでは、タイへ売る水力発電の増強のために、
メコン下流域住民の反対の多いサヤブリ・ダムを着工する意向だ。

タイ、インドネシア、ベトナム、ミャンマーの4カ国について
最新の電力事情を覗いてみよう。今回は、タイである。

d0159325_230149.gif

タイはインドシナ諸国の中では、比較的電力は行き届いている
国である。時折、停電はあるが、このときは、冷蔵庫はじめ、
いかに今の我々の生活が、電気なしにはやっていけないかを
思い知らされる時だ。幸いじきに復旧される。

タイでの停電では、明かりがなく、本が読めず、
エアコンがつけられず暑いことが記憶されるが、
日本の計画停電のときは、日本の家のトイレが電動で
使えず困ったことを憶えている。

タイの現在の電力需要のピークは、26,000メガワットで、
日本の最大電力量18万メガワットの6.9分の一ほどの
水準である。

2012年6月にタイの国家エネルギー委員会で承認された
電力開発改定計画によると、2030年には70,800メガワットの
電力消費がタイでは見込まれる。今後20年弱で2.7倍ほどの
伸びであるから、年平均5.4%ほどの伸び率、そう高くはない。

タイの電力供給の問題は、その偏った電源事情にある。
発電の72%を天然ガスに頼っており、そのほかでは、
石炭が20%、水力が5%となっている。

天然ガスの6割は国産だが、残る4割はミャンマーから
輸入している。
天然ガスの国内生産は、2015年にピークを迎え、
可採埋蔵年数は18年だと言われる(可採埋蔵量が
掘り尽くされたという例は、世界でほとんどみられないものの)。
また、天然ガスのパイプラインが途絶したらとも心配されている。

2030年までに、天然ガスへの依存度を半分以下に下げることが
2010年からの電力開発計画で意図されているが、
その後原子力発電所の凍結などで、うまい代替案はない。

最大の候補は、埋蔵量の豊かな石炭火力だが、
これには、環境面からの反対の声が大きい。

 「発電の主力石炭火力、タイでも復活なるか 2011-7-27」
  http://uccih.exblog.jp/14209401/

d0159325_2258366.jpg

“クリーン・コール”が一番の代替エネルギー源になるはずだが、
タイでは、日本のクリーン・コール技術に注目している。
長崎県松浦の370万キロワット火力発電所。
石炭燃焼熱で高圧蒸気を生み、これでタービンの羽を回す
石炭専焼火力発電所である。

もうひとつは横浜磯子の120万キロワットの都市型火力発電所だ。
大震災の後に、三渓園を訪れたとき、震災に耐えた姿を見た。

d0159325_22565711.jpg

石炭の粉塵を散らさない機構とその脱硫、脱硝装置が
クリーン・コール技術として注目されている。

タイの現在の石炭火力発電所は、北タイはチェンマイの南、
ランパーンのメーモーの13基の火力発電所が中心である。

タイの電源開発会社EGATは、2013年には、南部クラビに
80万キロワットの石炭火力発電所を建設する計画だ。
環境問題のクリアーが課題になる。

またメーモーには、古くなった4-7号基の代替として最新技術を
用いた14号基(60万キロワット)を新たに建設すると言う。
メーモーでは、窒素酸化物を捕らえる装置と、粉塵の飛散を防ぐ
ウインド・ブレーカーがなかったが、新たに備えられ、
二酸化炭素の減量と、硫黄酸化物、窒素酸化物の低減が
図られる予定だ。

さて、クリーン・コール発電は伸びていくのだろうか。
タイの取り組みに注目したい。
by ucci-h | 2012-11-20 23:00 | 電力・エネルギー | Comments(0)
世界不況の中でも伸びているインドネシア経済成長の中身
欧州の経済危機が続き、アメリカの景気回復も鈍い中で、
高成長地域アジアの経済成長も鈍ってきた。
多くが輸出に頼る経済だからだ。
タイも例外ではない。

その中で、東南アジアの大国インドネシアだけはがんばっている。
先ごろ発表された第2四半期のGDPの前年同期比伸び率も6.4%と、
G20の国々の中では、中国の7.6%に次ぐ、2番目に高い伸びとなっている。

d0159325_12321217.jpg

インドネシアの経済成長率が、現在の世界不況の中で、なぜなお高いのか?
理由は、低金利を背景に国内での官民の投資が高い勢いで伸びているからだ。

第2四半期、輸出は、前年同期比16.4%も落ちている。
輸入は10.7%伸びているので、貿易赤字は13.2億ドルに拡大、
過去5年の最大幅の赤字となっているが。

高いGDPを支えたのは、固定資産投資の24%という高い伸びである。
ことに、道路、港、空港を作るというインフラ投資が、ユドヨノ大統領の掛け声の下、
進められている。

GDPに占める投資の比率が、第2四半期には32.9%も占めたと言うから、
高度成長時代の日本や90年代の韓国を彷彿させる。

インドネシアは、資源と人口に恵まれた大国である。
いずれ世界経済を引っ張る一国になるだろう。
日本の倍近い人口を抱える国内消費市場への期待は高い。

現在の積極的なインフラ・設備投資は、将来の消費拡大を
先取りしたものと言えよう。
労働問題などが先鋭化しているが、国内市場が順調に伸びれば、
現在の先行投資とうまくかみ合うのだろう。
もし、国内市場の伸びが期待はずれに終わるようだと・・・。

今のところ、世界第4位の人口大国インドネシアは、第2位のインドの
経済の伸び切れないのと対照的に、世界の不景気の中で伸びている。

もっとも、インフラ投資が進む中でも、
需要の伸びに能力が追いつかないという「電力不足」の問題は、
なお改善に向かっておらず、成長の足を引っ張りがちである。

ここ3年で、電化率はむしろ落ちてきており、
電気の届かない人口は8600万人、全人口の3分の一に上ると言われる。
by ucci-h | 2012-09-04 12:32 | ベトナム・フィリピン・ネシア | Comments(5)
メコン川支流に予定される78のダムも問題に
2011年12月に、メコン川にラオスが計画している
総額38億ドルのサヤブリ・ダムがサスペンドされた。
もっとも、完全にやめたわけではない。
 「下メコン初のサヤブリ・ダムのゆくえ 2011-12-10」
  http://uccih.exblog.jp/15087917/

d0159325_15205663.png

メコン本流には、ラオスとタイの電気をまかなうため、
サヤブリ・ダムを含め11のダムが計画されているが、
生態系を壊し、沿岸住民の生活を損なうと
危惧されている。

しかし、メコン川のダム計画は、本流の11のダムだけではない。
米スタンフォード大学の調べでは、メコン川支流には78もの
ダムが計画されており、これが出来上がったら、メコンの生態系を
大きく変えてしまうだろうと警告している。

ダムの完成によって、およそメコン川に棲息する877種のうち
103種の魚類が、支流を遡れなくなってしまうだろうと予想される。
沿岸6,500万人の住民のうち3分の2の4,300万人は、
メコンの魚類をベースに生活を営んでいるだけに、大きな影響が出ると見られる。

d0159325_15224297.jpg

電気を優先するか、メコンの恵みを受けた今の生活を守るか、
大きな課題に直面しているとスタンフォード大学では見ている。
78の支流ダムのうち、27は、2015年から2030年に作られる予定だ。
支流ダムは、本流と違って、国際的合意なしに建設できる。

しかし、ラオスでは、これで売電の利益を得られても、
魚類に対する害は、結局、下流のカンボジア、ベトナムにも及ぶ。
カンボジアとベトナムでは、現在年間100万トンの魚類の水揚げがある。

メコンの支流ダムだからと言って、国内問題と限定するわけにも
いかないようだ。水力発電を最大の外貨獲得策とするラオスは、
主要客であるタイと共同しながら、どこに妥協点を見出すのだろうか?
by ucci-h | 2012-04-19 15:23 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(0)
ミャンマーのおかしなエネルギー事情
経済開放が始まるミャンマーは、資源国である。
なかでも、エネルギー資源は、西欧の注目を集めている。

d0159325_23342639.png

ミャンマーのエネルギー省は、現在9つの沖合ガス油田と
いくつかの地上ガス油田のコンセッションを検討中だ。
1月には、10の沖合ブロックを入札したが、
東アジア、ロシア、スイスの会社が応札したという。
経済制裁でいまは投資できない米国・カナダの企業も
今後の入札に参加したいはずだ。

ヤンゴンで3月29日に開かれた最初の「国際石油ガス会議」には
300を超える代表団が出席したそうだ。
タイは、今後数年のオイル・ガス需要の20~25%をミャンマーに
頼っている。

d0159325_23351823.jpg

ところが、ミャンマー自体のエネルギー事情はといえば、
主に水力発電に頼っている。
豊かな天然ガスが使われていないようだ。
なので、11-4月の乾季は、停電になりがちだ。
ミャンマーの発電能力は、現在1100MW(メガワット)しかない。
ちなみにシンガポールの発電能力11.5GW(ギガワット)、
タイの発電能力は、30GW(3万MW)を超えてきている。

ピーク時の電力需要は1,533MWほどだが、電気の来ない地域も多いので、
実際のニーズは、これを上回ろう。
人口で10%ほど多いタイの電力需要は、ピーク時で25GW(2万5千MW)。
現在のミャンマーの16倍である。

ミャンマーの天然ガスに対しては、自国内での需要に加えて、
中国やタイからの需要も高い。

ミャンマーが国内エネルギー資源を活用して、
自国の電力ニーズを賄うのは、そう遠い日ではないかもしれない。
by ucci-h | 2012-04-17 23:36 | ミャンマー・ラオス・カンボジア | Comments(2)
タイの電力供給事情
北タイ、チェンマイでは雨が降り続いている。
強い雨、弱い雨、夜から、朝から、夕方から降っている。
台風の影響のようだが、街は水びだし。
きのうピン川をを見に行ったら、あと20~30センチしか
余裕がない。
きょうは、幸い晴れ間が覗いているが・・。

日本の夏は酷暑のようだが、節電で大変だろう。
日本では、福島原発事故後、電力会社の地域独占
システムに対する批判が出たが、当面ことは沙汰やみに
なりそうである。
ものが基幹産業だけに、安定供給と競争導入の
天秤ばかりが難しいようだ。

タイも、電力市場にプライバティゼーションとか自由化とか
の議論は出ているが、今のところ国の3社による
供給体制を維持している。

発電・送電は「EGAT」(タイ発電公社)が担い、
販売に当たる配電は、首都圏をカバーする「MEA」(首都圏電力公社)と
その他地域をカバーする「PEA」(地方電力公社)の2社が担っている。
MEAの電力配電の全国シェアは、70%に達する。

2000年代初めEGATの民営化が企てられたが、成功せず、
代わりに公民連携のIPP(独立電力会社)が発電シェアを増やしている。

さて、タイの電力事情だが、
今年は涼しい夏季、そして雨季なので、上半期の電力需要は抑えられている。
MEAの上半期の販売量は、218.5億KWHと、昨年同期より3.5%の
下落となった。
年間では、昨年の450億KWHから、3.1%増の464億KWHの需要が
見込まれているが、これを下回ることになるだろう。

昨年のバンコク首都圏を中心とする電力需要は、輸出・建設ブームで、
前年よりも7.8%も増加した。
MEAは、バンコク、ノンタブリ、サムート・プラカンなど、首都圏350万家庭、
1500万人に電気を供給している。

d0159325_15311928.gif

上半期の平均気温は、暑かった昨年より平均3度も低かったというから
大きい。エアコンの稼動が減った。
また、3月の日本の震災で、部品の供給が途切れ、電器・自動車業界の
操業が落ちたのも、電力需要低下に寄与した。

ピーク時の発電レベルも、7850メガワットと、昨年のピーク8070メガワットを
2.7%下回った。

地方の73県をカバーするPEAの状況もこれに近いだろう。

MEAの上半期の売上げは、743億バーツ、純益は36億バーツだった。
年間では、1509億バーツの売上高、61億バーツの純益が見込まれている。
うち20億バーツが、政府の電気代補助プログラムに提供される。
また、MEAの来期の投資額は、230億バーツの予定。
It関連の整備や電線地中化に当てられる。

MEAの数字を東京電力と比べると面白い。
東電の前年度の販売電力量は、2934億kwh(+4.7%)。
MEAの販売電力量のほぼ6.5倍だ。
しかし、電力の売上高となると、5兆646億円にのぼる。
MEAのほぼ12倍近くとなる。

KWHあたりの売価を弾いてみると、
MEAが、平均3.25バーツ(9.5円)/kwhなのに対し、
東電は、平均17.26円(5.9バーツ)/kwhとなる。
電気の単価は、1.8倍と2倍近く違う。
たった1.8倍とも思えるが、これは、家庭用だけではなく、
工業用、運輸用等すべて含めて平均した数字である。
家庭用だけなら、もっと開きがあるのではないだろうか。
やはり日本の電気は高いなあ。
by ucci-h | 2011-08-04 15:32 | 一次産品の市況 | Comments(0)
  

北タイのチェンマイをベースにメコン、アセアンの経済、見所、食べ物を日本と比較して紹介します。ただし投資をアドバイスするものではありません。コメント記入は題字をクリック下さい。
by バンディ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
最新のコメント
初めまして! 宅配..
by 食在清邁 at 18:31
I wrote her ..
by buy generic viagra at 19:11
https://clck..
by ArabekWef at 12:30
異国でのお付き合い。特別..
by takeshi_kanazaw at 16:38
mugaさんも、カラオケ..
by ucci-h at 15:40
わ!、レパートリーが幅広..
by muga at 01:39
そうですね。たしかにタイ..
by ucci-h at 21:19
銀行の手数料はタイの銀行..
by 青木 at 16:03
まずぶつかるのが、短期滞..
by ucci-h at 19:49
日本の春を楽しまれていま..
by takeshi_kanazaw at 14:42
若いしまだまだ曲折がある..
by ucci-h at 09:57
素晴らしかったですね〜 ..
by muga at 10:38
この記事はバンコク・ポス..
by ucci-h at 10:57
コメントありがとうござい..
by ucci-h at 16:59
こんばんは、やってますね..
by muga at 22:16
タイ語の読み書きは、まる..
by ucci-h at 21:14
相変わらず熱心ですね!見..
by 摂津屋 at 07:02
そうですね。末子音です。..
by ucci-h at 20:14
影武者の話。 タイ語で..
by takeshi_kanazaw at 10:09
文字を文法的に(構造的に..
by ucci-h at 20:35
ブログパーツ
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
ライフログ
ファン
ブログジャンル
海外生活
時事・ニュース